眼科

平成25年4月より眼科常勤医が1人になっておりますが、白内障手術に関しましては、これまでと同様に入院手術、日帰り手術の対応が可能です。
抗凝固剤、抗血小板剤を内服中の方でも白内障手術においては全身状態を優先し、極力手術前後に休薬せず手術を行うよう心掛けています。
また、硝子体、緑内障手術も症例に応じて施行しています。
なお病状が安定している患者様には、お近くの診療所を受診していただくよう説明しています。
大変申し訳ございませんが、当診療科の状況をご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

取扱い疾患

疾患部位 具体的傷病名
眼瞼 霰粒腫、麦粒腫、眼瞼下垂、眼瞼内反
結膜 伝染性結膜炎、アレルギー性結膜炎、春季カタル、翼状片
角膜 角膜ヘルペス、角膜潰瘍、涙液分泌減少症
ぶどう膜 原田病、サイコイドーシス、ベーチェット病などの各種ぶどう膜炎
水晶体 各種白内障
網膜・硝子体 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜動脈閉塞症、網膜剥離、硝子体出血、加齢黄斑変性、黄斑円孔、黄斑浮腫、黄斑上膜
視神経 各種緑内障、視神経炎、乳頭浮腫
その他 外傷全般、斜視、眼筋麻痺、屈折・調節異常など

医師紹介

氏名 補職名 認定資格 専門分野
園部 智章 部長代行
医長
  • 日本眼科学会眼科専門医
白内障
網膜硝子体
緑内障
渡邊 愛子 医長 眼科疾患一般

診療実績

2019年 2020年 2021年
<手術>
白内障手術 422 285 222
硝子体手術 43 7 6
緑内障手術 15 3 2
眼瞼手術 12 8 1
その他 13 3 0
合計 505 306 231
<処置件数>
網膜光凝固術 301 132 25
YAGレーザー 38 28 21
硝子体注射 190 197 205
テノン嚢下注射 40 9 2