大阪府がん診療地域連携パス

大阪府がん診療地域連携パス

がん診療においてはがん医療の質の保証と安全・安心の確保を図り、医療機関の役割分担、機能分化することが必要です。

このようながん医療の均てん化を推進するために、がん対策基本法に基づくがん対策推進基本計画において5大がん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん)の地域連携パスの整備が求められています。

がん診療地域連携パスとは・・・

がん診療地域連携パスとは、地域において切れ目の無いがん医療を皆様に提供するため、疾患の状況に沿った標準化された治療内容と、病院・かかりつけ医の連携体制を示し、治療全体像を分かりやすくしたスケジュールのことです。

大阪府では・・・

大阪府では府内のがん診療連携拠点病院等により構成された大阪府がん診療連携協議会 地域連携部会にて作成された府下統一の「大阪府がん診療地域連携パス」を運用しています。

先週二次医療圏における診療連携ネットワークのイメージ

泉州二次医療圏において、この「がん診療地域連携パス」を活用したがん診療ネットワークを構築し、がん診療の向上に努めていきたいと考えています。

医療機関の方へ

「がん診療地域連携パス」の趣旨にご賛同いただき、参加をご希望される医療機関の方は当院地域医療連携室へご連絡ください。

 地域医療連携室 072-445-1000(代表)

 大阪府がん診療地域連携パスの詳細については
 大阪がん情報提供コーナー
 大阪府がん診療地域連携パスを参照して下さい