心臓血管外科

当科は手術を軸にした循環器診療を担当しています。手術は心臓大血管手術(冠動脈バイパス、弁膜症、胸部大動脈瘤など)をはじめとして、末梢血管手術(腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症に対する血行再建、下肢静脈瘤手術など)、ぺースメーカーと幅広く行っています。
弁膜症では特に僧帽弁の弁輪形成、腱索再建などの形成術に重点を置き、QOLの向上をめざしています。
また最近大動脈瘤の手術例が増えています。胸部大動脈瘤や大動脈解離は脳合併症防止のため各種の脳保護法を併用し好成績をあげています。
間歇性跛行や足趾潰瘍で発症する閉塞性動脈硬化症に対しては血行再建術のみならず、薬剤、生活指導などを組み合わせ、歩行距離の改善、QOLの向上、趾切断の回避をめざしています。
下肢静脈瘤は病状により手術(血管内治療)か、通院で治療可能な硬化療法を行っています。
更に、内視鏡を用いた手術や、高周波を用いた不整脈手術など最新の治療を取り入れています。
当科で取り扱う疾患の性格上、緊急手術も多数あります。多いのは、冠動脈バイパス、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、下肢動脈閉塞、急性大動脈解離などです。24時間、365日いつでも受け入れ可能です。

取り扱い疾患

症候分類 具体的疾病名・症状
虚血性心疾患 狭心症、心筋梗塞、左室破裂、心室中隔穿孔など
弁膜症手術 僧帽弁、大動脈弁、三尖弁、肺動脈弁などの弁膜症、感染性心内膜炎
動脈瘤 腹部大動脈瘤、胸部大動脈瘤、大動脈解離
先天性心疾患 心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、肺動脈弁狭窄症、動脈管開存症、心内膜床欠損症など
その他心疾患 肺塞栓症、収縮性心膜炎、心臓腫瘍、心臓外傷、経皮的心肺補助など
末梢血管疾患
(動脈)
閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞、血管外傷
末梢血管疾患
(静脈)
下肢静脈瘤、下肢静脈瘤の血管内治療
不整脈疾患 徐脈、洞機能不全症候群(徐脈頻脈症候群):ペースメーカー植え込み
心房細動:メイズ手術


医師紹介

氏名 補職名 認定資格 専門分野
尾上 雅彦 副院長
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構心臓血管外科専門医・修練指導者
  • 日本胸部外科学会認定医認定制度指導医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医
  • 植込型補助人工心臓治療関連学会協議会認定植込型補助人工心臓実施医
  • 認知症サポート医養成研修修了
藤井 公輔 部長
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本血管外科学会認定血管内治療医
  • 日本外科学会外科専門医・指導医
  • 心臓血管外科専門医認定医機構修練指導者
  • 3学会構成心臓血管外科専門医認定機構心臓血管外科専門医
  • 日本脈管学会専門医・研修指導医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内灼熱術の実施基準による実施医・指導医
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施医
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術実施医・指導医
  • 腹部ステントグラフト実施医・指導医
  • 胸部ステントグラフト実施医・指導医
成人心臓血管外科全般
大血管外科治療
末消外科治療
血管内治療
虚血性心疾患
弁膜症
成人先天性心疾患
心不全外科治療
山本 芳央 末梢血管外科部長
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 心臓血管外科専門医
  • 日本DMAT隊員
心臓血管外科手術全般
殿本 詠久 応援医師 日本外科学会外科専門医

診療実績

2019年 2020年
<虚血性心疾患>
冠動脈バイパス術(単独) 19 27
心室中隔穿孔閉鎖術 1 0
<弁膜症>
大動脈弁置換術(単独) 4 4
大動脈弁置換術+冠動脈バイパス術 4 5
僧帽弁置換術(単独) 2 0
僧帽弁形成術(単独) 1 1
複数弁手術 3 1
<その他の心臓手術> 1 1
(うちメイズ手術を伴うもの) 1 0
<胸部大動脈>
胸部大動脈人工血管置換術 1 0
Bentall 手術 1 0
上行大動脈置換+大動脈弁置換術 2 1
体外循環手術症例 合計 40 40
<その他の手術>
腹部大動脈瘤人工血管置換術 7 7
内シャント造設術 18 16
下肢静脈瘤(血管内焼灼術) 34 34
下肢静脈瘤(その他の手術) 2 6
ペースメーカー移植術 6 1
ペースメーカー交換術 8 0
その他(閉塞性動脈硬化症など) 12 9
総手術件数 127 113