栄養管理部

栄養管理部

ご挨拶

栄養管理部は主に臨床栄養管理と給食管理の2つの業務を担っています。
臨床栄養管理は入院患者ごとに栄養管理計画立案、必要時に栄養介入を行っています。継続的な食事療養が必要とされる生活習慣病、消化管術後などの食事療養、がんの食事相談等食事指導を通じて入院及び外来患者様の栄養サポートをしています。
病院給食は治療の一環として医師の指示のもと病態に合わせた食事を提供しています。季節を感じていただけるイベントメニューや出産のお祝い膳など食事時間を楽しんでいただけるよう取り組んでいます。定期的な喫食調査において患者様から頂いたご意見をもとに病院給食の改善に努めています。適切な衛生管理のもと安全で美味しい給食を目指した給食管理を行っています。
近年は栄養療法の重要性がクローズアップされ、管理栄養士は栄養サポートチームをはじめ院内のチーム医療に多数参画し他職種と連携を図っています。専門職として知識・技術の向上に努め、患者様の治療やQOL改善に貢献していきたいと考えています。

主任管理栄養士 藤原 幸子

 栄養管理部では入院患者様の栄養管理や給食管理、入院・外来患者様の栄養相談や栄養指導を行っています。チーム医療においても患者様の栄養サポートに取り組んでいます。

 

業務内容

2021年度実績
栄養指導件数
入院 外来
糖尿病 268 152
脂質異常症 151 15
高血圧・心臓病 217 10
消化管術後 96 3
腎臓 28 10
がん 8 4
嚥下 28 2
その他 16 21
合計 812 217
集団栄養指導
延べ件数 算定件数
糖尿病教室 62 35

*COVID-19により休止時期あり

給食管理業務

 入院中の食事は治療の一環として医師の指示により患者様の病態にあわせた食事を提供しています。内容は一般食から糖尿食、腎臓食、消化管術後食等の特別食、嚥下困難な方向けに食形態を考慮した嚥下調整食など幅広く対応しています。
普通食をお召し上がりの方には選択メニューサービス、出産された方のお祝い膳、季節を感じていただくためのイベントメニューなど食事時間を楽しんでいただけるよう取り組んでいます。
定期的な喫食調査を実施し患者様からのご意見とご要望を参考に病院食メニューを検討、また適切な衛生管理のもと安心で安全な食事が提供できるようスタッフ一同努めています。

行事食(ひな祭り)

嚥下調整食

お祝膳

 

栄養指導業務

 入院・外来患者様とご家族を対象に、個人指導・集団指導を行っています。栄養指導は医師の栄養治療方針に基づき、患者様が自宅でも食生活の工夫や適切な食習慣を維持できるよう行っています。個人指導は糖尿病、脂質異常症をはじめとする慢性疾患や消化管術後食等、多くの患者様の治療の手助けとなるよう実施しています。集団指導は多数の方を対象とした「糖尿病教室」「循環器教室」を行っています。また妊婦の方を対象とした「両親学級」では妊娠中のお食事ついてお話させていただいています。
糖尿病患者様においては糖尿病性腎症の進行に伴う透析予防のために外来で医師、看護師とともに血糖コントロールや腎機能の改善をサポートしています。

栄養指導室

 

 

栄養管理業務

 入院中の患者様には医師、看護師とともに栄養評価、栄養管理計画を立案し退院までの継続した栄養管理を行っています。
栄養サポートチームでは栄養状態を迅速かつ的確に評価、栄養不良を早期に発見し、適切な栄養療法をアドバイスして患者様の早期回復をサポートしています。このほか褥瘡対策チーム、緩和ケアチーム等のチーム医療においても栄養面から患者様をサポートできるよう取り組んでいます。

 

スタッフ

各種認定

糖尿病療養指導士 1名
栄養サポートチーム専門療法士 1名

医師 1名 部長 代謝・内分泌内科部長兼務
管理栄養士 5名 栄養サポート専門療法士1名 糖尿病療養指導士1名
事務員 1名

 

千亀利会事務局

 日本糖尿病協会の支部であり、当院かかりつけで糖尿病治療中の患者様相互の親睦とその健康増進を図ることを目的とした患者会、「千亀利会」の事務局として運営の協力をさせていただいています。入会希望の方は栄養管理部までご連絡ください。

【主な活動】
・患者会総会 ・レクリエーション ・料理教室
・会報発行  ・「さかえ」(日本糖尿病協会発刊)の配布

 

料理教室/レクリエーション