私立岸和田市民病院 私立岸和田市民病院

ABOUT

特徴と概要

中心的存在として、
地域全体の医療をリード。

地域の医療機関との連携や、そこで働く医療者のサポートを積極的に推進。
地方自治体が運営する公立病院だからこそできる「調整役」として、泉州、岸和田エリアの医療に貢献しています。

3つの柱を軸に、「高度医療」を提供

「がん医療」「救急医療」「周産期・小児医療」を三本柱として、
市民のニーズにあった質の高い地域医療・看護を提供していきます。

  • がん医療

    地域がん診療拠点病院(高度型)、
    ゲノム医療連携病院として
    がん診療レベル向上に取り組んでいます。

  • 救急医療

    2020年度救急車搬入送件数は3,873件。
    365日24時間救急体制を整備し、
    年間約12,446人の救急患者を受け入れています。

  • 周産期・小児医療

    地域で子供達が生を受け、
    健やかに育ってゆく
    手助けに取り組んでいます。

チーム医療で専門性の高い看護を実現

患者さんを中心に主治医・看護職・コメディカルなどの職種が協力し、組織横断的なチーム医療を積極的に行っています。医師、看護師、薬剤師、栄養士、臨床検査技師など多職種のメンバーで構成されたチームの中で、専門看護師・認定看護師は特定の専門分野に関する知識・技術を用いて、水準の高い看護を実践。
各職種が互いに連携・補完し合い、患者さんへ的確な医療を提供することで、疾病の早期発見・早期回復・重症化予防など、医療と生活の質向上につながる効果を上げています。
こうした専門性を活かしたチーム医療の実践は、患者さんやご家族からも高い評価を得ています。

バイタル連携

2016年からバイタル連携システムを導入することでベッドサイドからリアルタイムに測定データが、電子カルテに転送されるようになりました。

血糖測定

患者のリストバンドを血糖測定器で認証すると血糖測定ができます。測定後にUSBリーダーに接続すると電子カルテに血糖値が送信できます。値の転記間違いがなく、指示簿と連携しているので、インシュリンの注射間違いはありません。

大規模災害

概要 ( 2021年11月現在 )

運営 岸和田市
病院長 小切 匡史
看護局長 前 由佳
認定看護管理者 看護局長:前 由佳
副看護局長:高倉紀美、山田由起子
看護師長:紺原由美子
所在地 〒596-8501 大阪府岸和田市額原町1001番地
病床数 一般病床400床
診療科 33診療科
医師数 113名
看護職員数 400名(非常勤53名)
看護職員の実質配置 7:1
平均在院日数 11.8日(2020年度)
1日平均外来患者数 900名(2020年度)
診療科目 緩和ケア内科、血液内科、呼吸器内科(呼吸器センター)、腫瘍内科、循環器内科、消化器内科、総合内科、神経内科、腎臓内科、代謝・内分泌内科、内科、外科、形成外科、呼吸器外科(呼吸器センター)、歯科口腔外科、心臓血管外科、整形外科、乳腺外科、脳神経外科、眼科、救急科(救急センター)、産婦人科、耳鼻咽喉科、小児科、精神科、泌尿器科、皮膚科、放射線治療科、病理診断科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科