キャリア開発

チーム医療

専門看護師、認定看護師、師長がチーム医療のかなめの役割を担い、多職種恊働による組織横断的な活動を積極的に行っています。

専門性の高い技術や知識を活かしたチーム医療の実践は、患者さんやご家族、院内の他職種スタッフからも高い評価を得ています。

安全対策ラウンドチーム

各部署から選出されたリンクナースが参加し、毎月の会議を行っています。その中で、患者さんの安全な療養環境の提供と看護の作業環境を確認し改善を務め、実践できているかどうかをラウンドで確認し、正しいルールの徹底を目指しています。それぞれの結果は各部署のリンクナースを通じ、部署の安全管理の取り組みに結び付けています。この活動によりインシデントの予防に繋げています

褥瘡対策チーム

褥瘡対策チームは、形成外科・皮膚科医師、皮膚・排泄ケア認定看護師、薬剤師、栄養士の他職種メンバーで構成されており、褥瘡発生予防および褥瘡のある方に対しては、悪化・再発防止を目的として、週1回の病棟回診、訪問看護のサポートなどを行っています。皮膚・排泄ケア認定看護師は、重点的な褥瘡予防ケアや治療を要する患者さんへの処置方法をどのように行っていくか、病棟看護師と話し合うことに寄り、より質の高い看護が提供できるように検討しています。

栄養サポートチーム

栄養サポートチーム(NST)は、栄養状態に問題がある入院中の患者さんを対象に回診を行い、栄養評価や、推奨する栄養管理方法などの情報提供を行っています。メンバーは、栄養管理についての研修を修了した医師・栄養管理士・看護師・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士の多職種で構成し、各専門職の視点から意見を出し合い、主治医や病棟の看護師等と話し合って、よりよい栄養管理方法の検討を行っています。

緩和ケアチーム

がん患者さんとご家族は、心身の苦痛に加えて、治療・療養生活に関する意思決定などさまざまな困難も抱えておられます。緩和ケアチームは、がんを抱えても患者さんとご家族が、それらさまざまな苦痛・困難が最小限で、その方らしく生活して頂けることをめざして活動しています。看護師以外の主なメンバーは、医師、薬剤師、MSWです。看護師の役割は、看護師として全人的視点でのアセスメントに基づきケアを考えるだけでなく、多職種での情報共有や連携を促すことで各職種が互いの専門性を活かしたケアをコーディネートしています。

人工呼吸器チーム

近年、一般病棟でも人工呼吸器を装着される患者さんが増えており、多職種によるチーム医療に期待がかかっています。そこで本院では2009年に「人工呼吸器チーム」を発足。現在は医師4名、看護師7名(そのうち重症患者看護専門看護師1名、集中ケア認定看護師1名を含む)、臨床工学技士1名、理学療法士1名でチームを組んで活動しています。主な活動内容は、患者さんが早期に人工呼吸器を外せるよう一般病棟をラウンドし、安全管理と呼吸器ケアを行うことです。また病棟スタッフに対する気道管理の研修や、人工呼吸器の安全マニュアル作成なども行っています。実際、多職種スタッフが協働することでそれぞれの専門的な意見を交わすことができ、安全管理がさらに徹底されるようになりました。今後は一般病棟だけでなく、ICUでのラウンドの必要性も検討しています。

災害対策プロジェクト

災害が発生した際、本院は市町村災害医療センターとしての使命を持ち、災害救護活動を展開しなければなりません。災害対策チームは平成18年に発足し、医師・看護師をはじめ各部門より代表者が集まり訓練企画と実施・評価、災害マニュアルの整備、災害教育、高所落下物の確認ラウンドを行うなど、積極的に活動しています。救急看護認定看護師がリーダーシップを発揮し、看護師は、母体人数が多いこともあり、チームの中心的役割を果たしています。

感染対策チーム

感染管理認定看護師は、泉州地域の30施設と連携(他施設のラウンドや保健所との連携など)し、患者さんと職員、病院に出入りするすべての人たちを感染から守るために活動しています。院内での感染の発生率を監視し、分析を行い現状に即した感染対策を行っています。医師、検査技師、薬剤師と連携しチームを作り活動しています。それぞれの専門職が知識を出し合い、感染から患者さんや職員を守ることと、さらに良い治療・ケアが提供できるよう院内をラウンドしています。また、地域の病院と連携し、感染防止活動に取り組んでおります。

看護局 専門・認定看護師チーム

専門分野の看護の質向上と、知識・技術をスタッフに還元し、能力開発を支援することを目的に活動しています。専門・認定看護師が集まる会議では、実践・コンサルテーション内容の報告、活動の振り返りや情報交換などを行います。また、院内外の医療従事者を対象に研修・セミナーを企画運営しています。その他、マニュアル作成や、スペシャリストによる合同ラウンドを行っています。院内には褥瘡対策チームや感染対策チームのように、他職種で構成する組織横断的な医療チームがあります。専門性の高い知識や能力を活かすチームに専門・認定看護師が加わることで、さらに活動の幅が広がり、医療の質に寄与できると考えています。

退院支援・調整ラウンドチーム

病院での医療・看護を、切れ目なく次の療養先へ安心・安全に移行していくために、専従の看護師と医療ソーシャルワーカーによるチームで活動しています。それぞれの患者さんおよびご家族の意向に沿った次の療養先の選択、必要に応じ在宅医・訪問看護ステーションや福祉サービス等の確保をし、退院までにカンファレンスを行うなど、入院中のケアがスムーズに継続できるよう病棟看護師と協力して様々な調整を行っています。

口腔ケアチーム

化学療法や頭頸部への放射線療法を行っている場合、合併症である口腔粘膜炎などを最小限にするために口腔機能管理が必要です。また、病状により、自分で口腔ケアを行うことがむずかしく、ケア方法が複雑になる場合があります。医師歯科連携の一環として、歯科医師・歯科衛生士・看護師が、入院中の患者さんを対象に回診を行い、患者さんご自身、看護師によるケアで口腔機能が保たれるよう、ケア方法の検討や情報提供を行っています。

認知症ケアチーム

身体疾患の治療のために入院した認知症患者さんに対し、専門的知識を持った多職種(認知症研修を受けた医師、認知症看護認定看護師、医療ソーシャルワーカー、理学療法士)がチームで対応することで、認知症の症状悪化を予防し、治療を円滑に受けられるように支援しています。週一回の病棟回診では、病棟のスタッフとカンファレンスを行うことで、安心・安全の入院および退院生活に向けて、患者・家族の意思を尊重した支援方法について検討し、認知症ケアの質向上に繋げられるよう活動しています。