看護局紹介

看護局理念

私たち看護職員は、社会の変動と医療の進歩に伴い絶えず向上心を持ち、目標に 向かって努力し、市民のニーズにあった質の高い看護を提供します。

看護のプロとして患者さんにとってベストな看護を

私たち看護師の使命は、治療に励む患者さんに対して、看護のプロとしてふさわしい知識と技術を提供すること。それと同時に、生活者である患者さんとご家族の想いに寄り添い、その人らしく暮らせるようサポートすることです。

看護局はこれらの使命を踏まえ、地域にとってかけがえのない存在であること、時代のニーズにマッチした看護ケアを提供することを目指し、情熱をもって取り組んでいます。

看護局長メッセージ

患者さんも、地域の方々も、働くスタッフも、満足できる医療機関へ。

看護部長

看護局長 笹山 環

少子超高齢社会に突入し、医療サービスを必要とされる患者さんがますます増える中、病院に求められる役割も変化してきています。患者さんへの負担を減らすため、入院期間を可能な限り短縮し、入院前後のフォローを手厚く行う医療へと体制が変わりつつあるのです。その中で本院は、多分野で活躍する専門・認定看護師が在籍し、患者さんに質の高い医療ケアをご提供できる環境を整えています。看護師にとっても。ロールモデルがそばにいるというのは、自分の目指す姿へと弾みをつけて成長していけるチャンスです。看護師は、入職がゴールではなく一生学び続ける仕事。患者さんの人生と深く関わることにやりがいと責任を持ち、患者さんのために力を発揮したいと強い想いをもつ人を、私たちは待っています。

労働と看護の質ベンチマーク

本院は労働と看護の質向上のためのデータベース(DiNQL)事業に参加しています。

本院は、公益社団法人日本看護協会が推進する労働と看護の質向上のためのデータベース(DiNQL)事業に参加しています。
iNQL事業は、看護職が健康で安心して働き続けられる環境整備と看護の質向上に向けた、看護管理者のデータマネジメントの取り組み(PDCAサイクル)を支援する仕組みです。そのためのツール(道具)として、ベンチマーク評価を行うITシステムを提供します。 (日本看護協会HPより参照)
本院では、DiNQL事業を活用し、本院の看護の質を数値化し、他病院との比較から本院の課題を明らかにし、改善していきます。

ベンチマーク評価