部署紹介

各部署からのメッセージ

外来

外来

外来は、31診療科と、入院することなく治療が受けられる外来化学療法センターや、看護専門外来として専門看護師・認定看護師等による、褥瘡・ストマケア・フットケア・HOT・糖尿病指導・リンパ浮腫ケア・禁煙・などがあります。医療の現場が入院から在宅へと変遷していくなか、外来看護に求められる役割は大きく、外来での指導や教育も今まで以上に重要となります。少しでも患者様やご家族が、安心して地域へ帰っていただけるよう個々の日常生活に沿った支援を行ないたいと思います。また医師や看護師だけでは 多くの問題を解決するのが困難な時は、ケースワーカー・栄養士・薬剤師・リハビリなど他職種が連携して支援しますので、ご相談ください。

2階東病棟

2階東病棟

平成26年5月から産婦人科と消化器内科、乳腺科などで編成される女性専用病棟になりました。特に産科は、外来と入院を一体化して外来の初診から産後まで一貫して継続した、看護の提供を目指しています。その中でより安心してお産をして頂けるように、助産師が指導や相談ができる体制を整えています。出産後の赤ちゃんの安全のために、病棟の入り口に監視カメラやドアを設置してします。また感染予防のためも、病棟に入られる16歳未満の方には制限をさせて頂いています。お越しいただいた際にはご理解ご協力をよろしくお願いします。

3階西病棟

3階西病棟

循環器・心臓血管外科・眼科の病棟で、循環器疾患においては、循環器医師が毎日当直し、心疾患の救急患者の受け入れを行っています。眼科では白内障などの手術を中心に、日帰り手術も行っています。循環器疾患の看護では、日常生活指導も重要となるため、個人指導だけでなく循環器教室・減塩食教室・心不全教室の集合指導を、可能な限り家族参加型で指導を行っています。循環器疾患をもつ患者さんと眼科疾患をもつ患者さんに、安心して良質な医療・看護を受けていただくために絶えず向上心を持ち、皆さんに信頼されるよう務めることを病棟目標とし、チーム医療に取り組んでいます。

3階東病棟

3階東病棟

3階東病棟は、脳神経外科、代謝内分泌内科、皮膚科の病棟です。脳神経外科では、脳出血や、脳梗塞などの患者さんが入院しており、手術を含めた急性期から回復期まで様々な患者さんが入院しています。また、代謝内分泌内科は主に糖尿病の患者さんが、教育入院や血糖コントロール目的で入院しています。3階東病棟では、より良い医療・看護を目指して、看護師だけでなく、医師・薬剤師・リハビリテーションスタッフ・管理栄養士・地域医療センターなど他職種のスタッフと連携し、患者さんが1日でも早く回復し、退院後に安心して生活できるよう日々努めています。

4階西病棟

4階西病棟

外科・耳鼻咽喉科・形成外科の外科系の病棟で、手術を受けられる方の周術期看護を中心に行っています。 術前は、患者さんの不安に寄り添い、安心して手術に臨めるよう整え、術後は一日も早く回復し元の生活に戻っていただけるよう看護しています。 よく学びよく働きよく遊ぶ・・・大変やりがいを感じる活気あふれる病棟です。

4階東病棟

4階東病棟

血液内科・腫瘍内科で、がん治療を専門にした病棟です。毎日抗がん剤や放射線治療を行う患者さんに、安心して治療を受けて頂けるよう医師・薬剤師と連携を取り日々看護実践しています。特に最近、抗がん剤・放射線併用療法を行う患者さんは、副作用が強く皮膚障害や口内炎により食事摂取ができなくなりQOLが損なわれます。そのような患者さんへより良いケアを行い、QOLを保ちたいという思いから、他職種と連携し、副作用予防に力を入れた取り組みを開始するため、スタッフ全員で学習を頑張っています。

5階西病棟

5階西病棟

5階西病棟は、呼吸器内科・呼吸器外科・腫瘍内科の診療科で構成されている47床の病棟です。一人ひとりの患者さんと看護師が向き合い、その患者さんにとって必要な医療・看護・日常生活援助を病棟看護師、慢性疾患専門看護師と、医師、言語聴覚士、理学療法士、薬剤師などの他職種と連携を図り提供しています。また、嚥下機能低下に伴う誤嚥性肺炎など高齢者の方も多数入院されていますので、入院医療から暮らしの場へ移行する際は、患者さん・ご家族の意向と医療上、生活上の課題を整理し、安心して退院していただけるよう地域の施設とも連携と調整を行っています。

5階東病棟

5階東病棟

5階東病棟は、整形外科・泌尿器科を中心とした、循環器内科・心臓血管外科を含む混合病棟です。整形外科の患者さんが多いこともあり、理学療法士・作業療法士と連携して術後の回復に向けた支援を行い、入院生活を安全・安楽に過ごせるように関わっています。また、当病棟では院内デイケアルーム「ドンキー」が2013年より開設されました。入院することで生活のリズムが不安定となった高齢者や認知症の患者さんに、その人らしく生活できるよう支援しています。また、興味・関心を引き出しつつ、感覚器・運動器を刺激して、患者さんの「できる力」を維持する看護ケアの提供に努めています。

6階西病棟

6階西病棟

小児科・消化器内科・口腔外科と15歳未満の外科・耳鼻科・形成外科・泌尿器科の方が入院され、内視鏡治療から手術・化学療法・放射線治療まで幅広く、短期入院の多い病棟です。小児の入院の方が、遊びや学習ができるように病棟内にプレイルームや院内学級【ひまわり】があります。小児から大人の方まで、安心して治療に専念していただけるよう清潔で安全な環境と心のこもった看護を提供しています。

6階東病棟

6階東病棟

救急センターは、救急外来、救急病棟、放射線科、透析センターで1つの看護単位として構成されています。 救急外来・救急病棟では、突然の出来事に遭遇し来院された患者さんとその家族が安心して医療を受けられ、また、可能な限り早く健康を取り戻してもらえるように、安全で質の良い、医療・看護の提供に日々努めています。 放射線科では、放射線科では、多くの特殊な検査や治療、そして、放射線治療を行っています。なかには、侵襲の大きいもの、また、緊急の検査・治療もあり、いつ、どんなときにでも安全に、患者さんに安心して検査・治療を受けてもらえるように他職種の人たちと協力し頑張っています。 透析センターでは、通院しながら透析を受ける患者さんと、入院で治療を受けながら透析を継続する患者さんに、安全な透析療法を提供するように努めています。

救急センター

救急センター

小児科・消化器内科・口腔外科と15歳未満の外科・耳鼻科・形成外科・泌尿器科の方が入院され、内視鏡治療から手術・化学療法・放射線治療まで幅広く、短期入院の多い病棟です。小児の入院の方が、遊びや学習ができるように病棟内にプレイルームや院内学級【ひまわり】があります。小児から大人の方まで、安心して治療に専念していただけるよう清潔で安全な環境と心のこもった看護を提供しています。

集中治療室

集中治療室

集中治療室は、ICU5床・CCU3床の8床で構成されています。内科系・外科系を問わず循環・呼吸・代謝、その他の急性機能不全で生命危機状態にあり、医療依存度の高い患者に対し、強力かつ集中的に高度な医療を提供しています。看護師(集中ケア認定看護師含む)と専任医師、他の医療スタッフが協働し、急性期の重篤な状態から、入院前の日常生活を少しでも取り戻すことができるよう、機能維持と回復を目指したケアを積極的に行い、心理的危機状況にある家族の精神的な支援も含めた、心のこもった質の高い医療を提供しています。

中央手術室

中央手術室

平成25年度、平成26年度より婦人科・産科が再開され、13診療科の手術を実施しています。手術室は8ルーム(BCRを含む)あり器械展開を行うクリーンルームを中心に配置されています。手術室スタッフは26名(ナースエイド含む)で臨床工学技士による始業点検の実施やME機器の管理、清掃、物品管理の委託業者など多職種が協働し手術室を運営しています。手術スタッフの勤務体制は通常日勤で毎日4名の宅直者(休日は3名)で夜間・休日の緊急手術に対応しています。手術前日には担当看護師が患者訪問し、手術の説明を行ない不安が軽減でき、安全に手術を受けることができる様に努めています。

地域医療センター

地域医療センター

地域医療センターは、事務員、看護師、MSWの3職種で構成されています。地域の先生方からのご紹介のスムーズな受け入れから、退院後の地域の先生方や訪問看護師との連携、入退院調整、医療福祉相談に至るまで、医療連携に関することや患者さんからの様々な相談対応などを3職種が常に連携しながら行っています。また、地域医療センター内にはがん相談支援センター(がん相談室)も設置されており、地域からのあらゆる相談やご要望に速やかに対応できるよう努めています。