診療科紹介

HOME > 診療科紹介 > 心臓血管外科

当科は手術を軸にした循環器診療を担当しています。手術は心臓大血管手術(冠動脈バイパス、弁膜症、胸部大動脈瘤など)をはじめとして、末梢血管手術(腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症に対する血行再建、下肢静脈瘤手術など)、ぺースメーカーと幅広く行っています。
弁膜症では特に僧帽弁の弁輪形成、腱索再建などの形成術に重点を置き、QOLの向上をめざしています。
また最近大動脈瘤の手術例が増えています。胸部大動脈瘤や大動脈解離は脳合併症防止のため各種の脳保護法を併用し好成績をあげています。
間歇性跛行や足趾潰瘍で発症する閉塞性動脈硬化症やバージャー病に対しては血行再建術のみならず、薬剤、神経ブロック、生活指導などを組み合わせ、歩行距離の改善、QOLの向上、趾切断の回避をめざしています。
下肢静脈瘤は病状により手術(レーザー治療)か、通院で治療可能な硬化療法を行っています。
更に、内視鏡を用いた手術や、高周波を用いた不整脈手術など最新の治療を取り入れています。
当科で取り扱う疾患の性格上、緊急手術も多数あります。多いのは、冠動脈バイパス、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、下肢動脈閉塞、急性大動脈解離などです。24時間、365日いつでも受け入れ可能です。

取り扱い疾患

症候分類 具体的疾病名・症状
虚血性心疾患 狭心症、心筋梗塞、左室破裂、心室中隔穿孔など
弁膜症手術 僧帽弁、大動脈弁、三尖弁、肺動脈弁などの弁膜症、感染性心内膜炎
動脈瘤 腹部大動脈瘤、胸部大動脈瘤、大動脈解離
先天性心疾患 心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、肺動脈弁狭窄症、動脈管開存症、心内膜床欠損症など
その他心疾患 肺塞栓症、収縮性心膜炎、心臓腫瘍、心臓外傷、経皮的心肺補助など
末梢血管疾患
(動脈)
閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞、バージャー病、レーノー病、血管外傷
末梢血管疾患
(静脈、リンパ)
下肢静脈瘤、下肢潰瘍、深部静脈血栓症、下腿浮腫全般
下肢静脈瘤のレーザー治療
不整脈疾患 徐脈、洞機能不全症候群(徐脈頻脈症候群):ペースメーカー植え込み
心房細動:メイズ手術、WPW症候群:副伝導路切断術など

専門外来

ペースメーカー外来
担当医師 森脇 総治
診察日時 第2・第4 金曜日午後(予約のみ)
受付方法 まず心臓血管外科(月 水 金 午前)を受診して下さい

医師紹介

氏名 補職名 認定資格 専門分野
小川 達也
部長
日本外科学会外科専門医
日本外科学会外科指導医
日本循環器学会循環器専門医
日本脈管学会脈管専門医
三学会構成心臓血管外科専門医認定機構心臓血管外科専門医
三学会構成心臓血管外科専門医認定機構修練指導者
胸部ステントグラフト実施医
腹部ステントグラフト実施医
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による指導医
医学博士
身体障害者認定(心臓)
心臓血管外科
森脇 総治 医長 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医
循環器疾患全般
末梢血管疾患

下肢静脈瘤レーザー治療

下肢静脈瘤ってなに?

脚の静脈がボコボコとこぶになったり、浮き出る病気です。

どうして起こるの?

動脈は心臓のポンプの力で、全身の隅々まできれいな血を送り届けます。静脈はからだの隅々から汚くなった血を心臓に戻します。脚には心臓はありませんので、主にふくらはぎの筋肉が動くことによって、静脈血を心臓に送ります。 しかし、心臓と違ってポンプの力が弱いので、一度に心臓まで送れないため、静脈の中に逆流防止弁をもち、段階的に心臓まで送り届けます。

この逆流防止弁が妊娠、長期間の立ち仕事や座り仕事で傷み、働かなくなると、静脈の中で逆流が起こります。これによって、脚の静脈が交通渋滞(静脈の圧力の上昇)をおこし、静脈が腫れてきたのが静脈瘤です。

つまり、高速が渋滞すれば、高速の入り口に続く一般道も 渋滞してくるということです。

どんな症状?

むくむ、つかれる、だるい、こむら返り、痛い、皮膚の色が茶色になる

外見上の問題(スカートがはけない、子供とプールに行けない)

放っておくとどうなるの?

どんどん悪化します。命にかかわることは、ほとんどありませんが、一度専門医の診察を受けられることをお勧めします。

薬でなおるの?

弁の構造が破壊されているので、内服薬では治りません。

検査は?

超音波(エコー)検査のみです。 静脈弁の逆流の程度がひどいと、中等度以上と診断がつき、手術が必要になります。

どうして治すの?

原因の静脈にもよりますが、おおむね以下のように行います。

重症 : レーザー治療+微小切開静脈瘤切除 (Stab Avulsion)
中等症 : レーザー治療
軽症 : 圧迫療法(弾性ストッキング)、硬化療法
その他、ストリッピング手術・高位結紮術があります。
重症な逆流を治療せずに、硬化療法等を行えば、一時的に 改善したように見えても、必ず再発・悪化します。

費用は?

3割負担、1泊2日(入院当日手術・翌日退院)、片脚の場合、約6~7万円かかります。 大手保険会社であれば、保険請求ができます。

関連サイト

日本


アメリカ


ビデオ

↑このページのトップへ

診療科紹介 専門外来
五十音順