診療科紹介

HOME > 診療科紹介 > 循環器内科

365日24時間、循環器科と心臓外科医でCCU当直を行っており、循環器救急に対応しています。
緊急心カテーテル検査、PTCA治療を24時間いつでも行えます。

取り扱い疾患

虚血性心疾患、特発性心筋症、心臓弁膜症、高血圧症、不整脈、左記疾患による心不全、動脈瘤、解離性動脈瘤、肺塞栓症、高脂血症(家族性高脂血症)

専門外来

不整脈外来
担当医師 塩路 圭介
診察日時 金曜日(担当医師 交互)
受付方法 循環器受診要

医師紹介

氏名 補職名 認定資格 専門分野
松田 光雄 副院長
部長
日本内科医学会指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会施設代表医、専門医、認定医
京都大学臨床教授
身障(心臓疾患)指定医
日本高血圧学会指導医
日本心臓病学会特別正会員
ICD/CRT研修終了登録医
虚血性心疾患を中心とした循環器疾患全般
上垣内 敬 主任医長 日本内科医学会指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
虚血性心疾患を中心とした循環器疾患全般
岩室 あゆみ 主任医長 日本内科医学会指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心臓リハビリテーション学会指導士
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
虚血性心疾患を中心とした循環器疾患全般
塩路 圭介 主任医長 日本内科医学会指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
ICD/CRT研修終了登録医
SATAKE・HotBalloonカテーテルプロクター
不整脈疾患を中心とした循環器疾患全般
出原 正康 医長 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本内科学会総合内科専門医
循環器疾患全般
田口 護 医長 日本内科学会認定内科医
日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士認定
日本内科学会JMECCインストラクター
循環器疾患全般
笹 智樹 医長   循環器疾患全般
大庭 宗夫 応援医師 日本内科学会指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心臓リハビリテーション学会指導士
ICD/CRT研修修了登録医
虚血性心疾患を中心とした循環器疾患全般
循環器系画像診断
河合 喬文 応援医師 日本内科学会認定内科医 循環器疾患全般

検査

心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術、ステント留置術、腸骨動脈形成術、腸骨動脈ステント留置術、冠動脈内エコー、冠動脈内圧測定、冠動脈血流速測定、電気生理検査、3Dマッピング、高周波カテーテルアブレーション、埋込型除細動器植込術、両室ペースメーカー植込術、心エコー、心筋シンチ、RIアンギオ、心プールシンチ、運動負荷心電図、ホルター心電図、冠動脈CT、ペースメーカー植え込み術、経食道心エコー、頸動脈エコー、LDLアフェーレシス 、心肺運動負荷試験(CPX)

検査実績(平成28年度)
疾患 件数
年間入院患者数 1,156(内緊急入院51%)
心臓カテーテル検査 775
PTCA 237
電気生理検査 103
高周波カテーテルアブレーション 101
埋込型除細動器(ICD) 9
両室ペースメーカー(CRT) 3
ICD、CRTジェネレーター交換 7
心エコー検査 5,752
経食道心エコー検査 74
トレッドミル検査 397
RI検査 735
ホルター心電図 750
検査日程
検査内容
心エコー検査
トレッドミル検査 - - -
RI検査 - -
ホルター検査 -
経食道心エコー検査 随時(午前11:00)
心臓カテーテル -
電気生理検査 -
高周波カテーテルアブレーション - - -
冠動脈CT - -

当科では、植込み型除細動器・心臓再同期療法施行の施設認定取得はもとより、最新の不整脈治療として日本発の発作性心房細動治療用カテーテル・アブレーションシステム「SATAKE・HotBalloonカテーテル」の施設認定も取得し,すでに導入しております。ホットバルーンの技術は従来の治療に比べて、①より単純に、②より速く、③より安全に行える治療として2015年11月厚生労働省の承認を受けた医療機器です。

心房細動は、肺から血液を送り込む血管(肺静脈)から左心房に異常な興奮が伝搬し、左心房の本来の規則的な収縮を乱すことによって引き起こされます。従来の高周波アブレーションでは、カテーテル先端の電極で心筋組織を点状または線状に繰り返し焼灼(しょうしゃく)する方法が主流ですが、ホットバルーンでは、カテーテル先端に取り付けられたバルーンの中の液体を温めて心筋組織を焼灼します。バルーンが柔軟な球形であることから、心房細動の主要な発生源である肺静脈の入り口に円周状に接触させ、一度に焼灼可能なため、より短時間で安全に心房細動治療が可能となります。合併症として心タンポナーデと血栓・塞栓症の懸念が少ないと考えられる新しいアブレーション治療です。

健康教室(不整脈)

テレビ岸和田 市民健康教室(平成27年5月放送)
「不整脈に対する最新の治療について」 市立岸和田市民病院 循環器内科 塩路 圭介

心大血管疾患リハビリテーション

 心大血管疾患リハビリテーション(以下「心リハ」という)は、循環器疾患をもつ患者を対象にした運動指導を中心として、安全管理、危険因子管理などを行う、総合的リハビリテーションです。スムーズな社会復帰や疾患の再発および悪化を予防するために、運動療法のほか疾患に対する正しい知識を身につけて、患者ごとの生活習慣の状況に応じた指導を行いことで改善につなげます。
 心リハでは開始にあたり、一人一人の体力に応じた適正な運動強度を見極めるために、可能な方には心肺運動負荷試験(CPX)を行います。その結果から個々にあった運動処方を医師が作成し、運動療法を続けます。また、定期的な負荷試験により運動療法継続の可否判定および運動療法の効果の確認も行います。運動中は心電図モニタリングを行い、安全に配慮しています。
 入院患者だけでなく、退院後や外来の患者も可能な限り5ヶ月間の心リハを継続して頂きます。外来での通院頻度は最大週3回までとし、患者と相談して決めます。対象の患者であるかは医師が診察をした上で判断しますので、まずは循環器内科外来の受診をしてください。


↑このページのトップへ

診療科紹介 専門外来
五十音順