病院のご案内

HOME > 病院のご案内 > 沿革・組織図

沿革

昭和11年11月 春木川町、山直町、南掃守村、八木村、土生郷村の2町3村で病院を建設。
昭和16年3月   岸和田市ほか3ヶ町村の組合病院として「公立大宮病院」の名称で設置。
病室70室、収容人員数104人。
昭和17年1月 大宮病院伝染病院併設、病室38室、収容人員38人。
昭和17年4月 岸和田市ほか3ヶ町村合併により岸和田市立病院と改称。
昭和19年1月 岸和田市立病院中央診療所を開設。
昭和23年9月 労働者災害補償保険法第12条第3項の規定に基づく病院に指定。
昭和28年10月 診療所名を「岸和田市立病院付属診療所」に改称。
昭和31年3月 病院敷地内に結核病棟を新築。
昭和31年6月 収容患者定数を一般病棟100床、結核病棟100床に改正。
昭和31年7月 結核病棟100床に対し、完全看護制度を採用(後、法改正に伴い基準看護と改称)。
昭和34年8月 児童福祉法第21条の5、第1項の規定により未熟児養育機関に指定。
昭和35年12月 収容患者数を一般病棟100床、結核病棟100床、伝染病棟15床に改正。
昭和36年8月 「市立岸和田市民病院」と名称を変更。
昭和36年10月 病院本館新設。
昭和36年10月 付属診療所を廃止。
昭和37年2月 総合病院の指定を申請、診療科―内科、産婦人科、小児科、皮膚泌尿科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科、整形外科、外科、放射線科。
昭和37年8月 基準看護を実施。
昭和38年3月 伝染病棟を新築。
昭和39年2月 企業会計を適用。
昭和39年4月 本館を増築。
昭和42年11月 児童福祉施設(第1種助産施設)の認可。
昭和45年9月 中央検査棟新築。
昭和46年2月 患者収容定数を294名に改正。
昭和49年8月 一部施設改修を行い患者収容定数を290名に改正。
昭和54年3月 許可病床数・一般231床・伝病36床・計267床。
昭和56年4月 本館改造により20床増床する。増床後・一般251床・伝病36床・計287床。
昭和62年7月 脳神経外科開設。
昭和62年12月 医局及び管理棟新築。
昭和63年2月 脳神経外科開設に伴い本館を改造し20床増床。一般271床・伝病36床・計307床。
昭和63年5月 麻酔科開設。
昭和63年12月 管理棟増築。
平成元年6月 形成外科開設。
平成2年1月 救急告示医療機関指定。
平成3年3月 多目的血管連続撮影装置に伴う検査室増築。
平成3年7月 精神科開設。
平成5年4月 臨床研修病院指定。
平成6年10月 新看護棟に係る届出2:1看護実施。
平成8年5月 新病院開院。一般病床350床、伝染病床10床、計360床。呼吸器科、心臓血管外科、リハビリテーション科開設。 
平成10年1月 日本医療機能評価機構認定。
平成10年4月 日本医療福祉建築賞受賞。
平成11年3月 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の制定に伴い、一般病床350床となる。
平成11年4月 アレルギー科開設。
平成13年4月 附属小児休日診療所開設。
平成14年4月 6階西病棟開設。
平成14年5月 中央手術室2室増室(計8室)及び日帰り手術センター開設。
平成14年9月 救急センター、画像診断センター、地域医療センター及び循環器科開設。
平成14年12月 地域がん診療拠点病院指定(国指定)。
平成15年5月 日本医療機能評価機構認定病院(更新・一般病院)。
平成15年7月 女性専用外来開設。
平成18年5月 PET-CT稼動。外来化学療法センター開設。
平成18年10月 乳腺科開設。附属小児休日診療所廃止。
平成19年4月 病床数が一般400床となる。透析センター開設。
平成20年2月 日本医療機能評価機構認定病院(更新・一般病院Ver.5)。地域がん診療連携拠点病院に指定される(国指定)。
平成20年7月 院内保育所『すくすくルーム』開設。
平成21年5月 7:1看護実施。
平成22年4月 地域がん診療連携拠点病院(国指定)の指定更新。
平成22年11月 地域医療支援病院指定。
平成23年5,6月 診療科の再編。標榜科29科となる。
平成24年7月 緩和ケア病棟開設。
平成24年10月 緩和ケア内科、放射線治療科、消化器外科開設。32科となる。
平成25年1月 日本医療機能評価機構認定病院(更新・一般病院Ver.6)。
平成25年10月 婦人科診療を再開。
平成26年5月 産科診療を再開。
平成28年3月 院内保育所『すくすくルーム』新築移転。
平成28年4月 呼吸器センター開設。
平成29年4月 口腔管理センター開設。
地域医療センターを患者支援センターに名称変更。
平成29年5月 IMRTを稼働。
   

組織図

平成29年4月1日 改訂
組織図
病院のご案内