診療科紹介

HOME > 診療科紹介 > 泌尿器科

泌尿器科領域のあらゆる疾患に対応できるよう努力しています。尿路性器癌の治療に関しては、当院ではリニアックなどの放射線治療機器も充実していることから、手術療法、放射線療法および抗癌剤療法との組み合わせによる集学的治療を行えることが特色です。

腎癌に関しては、血尿などの症状が出現する前に腹部エコーやCTなどで偶然発見される症例が大部分となっています。開業医の先生方に早期発見していただき、当科で手術させていただく症例が増加しております。手術は、腹腔鏡下腎摘除を基本としています。

前立腺癌に関しては、前立腺腫瘍マーカー(PSA)の普及により早期癌が多数発見できるようになり、根治手術による完治が可能となっております。今後もPSA高値の患者さんには、積極的に前立腺生検を施行し早期癌発見に努めてゆきたいと考えております。

膀胱癌に関しては、表在癌(早期癌)は内視鏡手術(TUR-Bt)で対応しております。浸潤癌(進行癌)に関しては膀胱全摘除術が基本ですが、前述したような集学的治療により膀胱保存療法を選択できる場合もあります。

前立腺肥大症の治療に関しては、症状によって内視鏡手術により排尿症状の改善が期待できる場合があります。当院では、ホルミウムレーザーによる前立腺核出術(HoLEP)を導入しています。これは内視鏡の先に付けたレーザーメスで肥大した前立腺腺腫を安全、確実に切除していく手術です。

尿路結石症の治療に関しては、自然に排石しない患者さんに対して、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行っています。大部分の症例では、入院せずに外来治療として実施可能です。また、ESWLの他にも入院の上で内視鏡下の砕石治療も行っています。

取扱い疾患

症候分類 具体的疾病名・症状
前立腺疾患 前立腺肥大症、前立腺癌、慢性・急性前立腺炎
腫瘍 膀胱癌、腎盂・尿管癌、腎癌、精巣腫瘍、陰茎癌
尿路結石症 腎結石、尿管結石、膀胱結石
尿路感染症 膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎
内分泌疾患 副腎腫瘍、上皮小体機能亢進症
先天性形態異常 包茎、水腎症、膀胱尿管逆流、停留精巣
膀胱機能障害 神経因性膀胱、腹圧性尿失禁
外傷 腎外傷、膀胱損傷、尿道外傷

専門外来

尿失禁外来
診療内容 失禁は、老化による機能低下によるものだけでなく、年少から出産年齢に至る時期に起こる疾患や外傷による機能障害、心理的な問題など様々な要因が引き金となって引き起こされる症状です。
しかし、対象者が満足な治療やケアを受けいれる専門外来は少なく、また失禁という症状やデリケートな部分の診察となるため、病院にかかりにくい実情もあります。
当院では、適切な診断と治療、ケア指導の提供によって、尿失禁の改善を図り患者さまの生活の質(QOL)の向上をさせるため、「尿失禁外来」開設いたします。(平成22年11月16日開設)
診察日時 毎週火曜日 午後3時~ ※完全予約制
担当医師 倉本 朋未(泌尿器科 医長)
担当看護師 佐藤美香(皮膚・排泄ケア認定看護師)、加藤裕子(皮膚・排泄ケア認定看護師)
受付方法 かかりつけ医からの紹介(地域医療センターにて予約が必要)もしくは、紹介以外の方は初診窓口にて手続き後、予約センターにて診察予約を取得してからの受診となります。

医師紹介

氏名 補職名 認定資格 専門分野
西川 徹 部長 日本泌尿器科学会指導医
日本泌尿器科学会専門医
泌尿器疾患全般
前立腺癌
倉本 朋未 医長 日本泌尿器科学会指導医
日本泌尿器科学会専門医
 
村岡 聡 専攻医   泌尿器科一般
西畑 雅也 応援医師 日本泌尿器科学会指導医・専門医
泌尿器腹腔鏡技術認定
泌尿器疾患全般
小牧 美江 応援医師 日本泌尿器科学会専門医 泌尿器疾患全般

診療実績(主な手術数)

平成28年度 入院患者 のべ310名
疾患 手術数 内訳
手術治療件数 197 ESWLを除く、ESWL 26件(のべ63回)
副腎腫瘍 6 腹腔鏡下副腎摘除術6件
腎癌 8 腹腔鏡下腎摘除術 8件
腎盂尿管癌 7 腹腔鏡下腎尿管全摘除術 7件
膀胱癌 60 膀胱部分摘除術 2件、経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt) 58件
前立腺癌 5 前立腺全摘除術 5件
前立腺肥大症 23 ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP) 23件

↑このページのトップへ

診療科紹介 専門外来
五十音順