診療科紹介

HOME > 診療科紹介 > 皮膚科


当院は地域がん診療連携拠点病院を掲げているため、皮膚科でも皮膚がん患者を受け入れて地域の皮膚がん治療の中心的な役割を担えるよう努力しております。気になるほくろやしみがあれば一度近隣の診療所の受診をお勧めします。皮膚がんに対しては切除後に欠損部が大きければ植皮術や皮弁形成術を行います。
2018年度から難治である蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、乾癬、化膿性汗腺炎(慢性膿皮症)に対して生物学的製剤の治療を行っております。
2019年度から金属パッチテストの他、ジャパニーズスタンダードアレルゲンのパッチテストにも対応しております。パッチテストをご希望の方は可能であれば近隣の診療所でご相談の上、紹介状を持参していただくと診療が円滑になります。
パッチテストは月、水、木曜日、または火、木、金曜日と1週間に3回来院する必要があり、受診当日の検査ができないこともあります。


近隣の病院で皮膚疾患を診てもらっているが改善しない、と受診される方も多いですが、それまでの治療経過が重要となりますので紹介状を持参して下さい。予約、予約外の患者様ともに混雑しており、足白癬や慢性湿疹、ウイルス性疣贅、慢性蕁麻疹をはじめとした日常よくみられる皮膚疾患に関しては病状が落ち着きましたらお近くの診療所を紹介させていただきます。爪切りやタコ、魚の目削りの一般的な処置に関しても近隣の診療所をご紹介させていただきます。ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

近隣医療機関の皆様へ

2019年度は常勤2人体制でしたが、2020年度からは再び常勤1人体制になります。
診療体制の縮小に伴い、入院を伴うような症例につきましては対応が困難な場合があり、ご紹介いただく場合には地域医療連携室を通じて、事前にご連絡いただきますようお願い申し上げます。対応できない場合は申し訳ございませんが他病院への紹介を勧めさせていただきます。

取扱い疾患

●日常よく見られる皮膚疾患

アトピー性皮膚炎、手湿疹、皮脂欠乏性湿疹、脂漏性皮膚炎、貨幣状湿疹、慢性湿疹、急性湿疹、接触皮膚炎(かぶれ)、刺虫症、尋常性疣贅(イボ)、伝染性軟属腫(水イボ)、伝染性痂疹(とびひ)、自家感作性皮膚炎、凍瘡(しもやけ)、帯状疱疹、単純ヘルペス、麻疹(はしか)、風疹(三日ばしか)、水痘(みずぼうそう)、蕁麻疹、尋常性ざそう(にきび)、白癬(水虫)、カンジダ症、など

●稀に見られる皮膚疾患

尋常性天疱瘡、水疱性類天疱瘡、円形脱毛症、尋常性白斑、尋常性乾癬、結節性痒疹、鬱滞性皮膚炎、慢性色素性紫斑病、アナフィラクトイド紫斑病、掌蹠膿疱症、金属アレルギー、サルコイドーシス、ベーチェット病、膠原病(SLE、皮膚筋炎、強皮症)、梅毒など

●良性腫瘍

表皮嚢腫(粉瘤)、石灰化上皮腫、脂肪腫、血管腫、リンパ管腫、平滑筋腫、脂腺母斑、色素性母斑(ほくろ)、青色母斑、グロムス腫瘍、指趾粘液嚢腫など

●悪性腫瘍

日光角化症、Bowen病、有棘細胞癌、基底細胞癌、乳房外Paget病など

<検査>

アレルギー検査:血液検査、金属パッチテスト、JSパッチテス、DLST
皮膚生検:組織を採取し病理検査する
画像検査:エコー、CT、MRI、PETを用いて腫瘍の性状、転移の有無を調べる
ダーモスコピー:皮膚病変を拡大して観察し腫瘍の鑑別を行う

<治療>

外用:副腎皮質ステロイド剤、ビタミンD製剤、保湿剤、免疫抑制剤、免疫賦活剤、潰瘍治療剤、抗ウィルス剤、ざそう(にきび)外用剤、抗生物質、抗真菌剤など
内服:抗ヒスタミン剤、免疫抑制剤、ステロイド剤、抗ウィルス剤、漢方薬、抗生物質など
紫外線療法:エキシマ療法:乾癬、痒疹、掌蹠膿疱症、尋常性白斑
凍結療法:液体窒素
手術療法:良性腫瘍切除、悪性腫瘍切除、植皮手術、局所皮弁形成術
炭酸ガスレーザー


医師紹介

氏名 補職名 認定資格 専門分野
白鳥 隆宏 部長代行 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医
3TO(VHO)ライセンス取得者
日本医師会認定産業医
日本皮膚科学会皮膚科専門医
皮膚腫瘍
皮膚潰瘍
掌蹠膿疱症
皮膚感染症
乾癬、など
山内 康平 応援医師 日本皮膚科学会皮膚科専門医 乾癬、
アトピー性皮膚炎、
ざ瘡、
皮膚真菌症 など
吉田 益喜 応援医師   皮膚外科、
皮膚悪性腫瘍

診療実績 (2019年度)

外来患者数 延べ13066人 紹介患者数 770人(予約492人、非予約278人)
入院患者数 72人
2019年度の皮膚生検数 計185例(リンパ節生検2例、爪生検3例を含む)
2019年度の皮膚腫瘍の手術件数 計216例

疾患 手術症例 内訳
悪性疾患 有棘細胞癌 12例、基底細胞癌 15例、ボーエン病 14例、日光角化症 3例、乳房外Paget病 1例、転移性皮膚腫瘍 1件
良性疾患 色素性母斑 32例、脂漏性角化症 26例、血管腫 10例、疣状病変 10例、青色母斑 2例、脂腺母斑 1例、神経線維腫 3例、皮膚線維腫 3例、表皮嚢腫 38例、化膿性汗腺炎1例、軟性線維腫 5例、皮角線維腫 4例、鼻線維腫 1例、脂肪腫 5例、血管脂肪腫 1例、石灰化上皮腫 8例、ケラトアカントーマ 2例、指趾粘液嚢腫 3例、エクリン汗孔腫 10例、結節性汗腺腫 2例、汗孔角化症 1例、平滑筋腫 3例、血管平滑筋腫 1例、脂腺線種 1例、脂腺腫 1例、脂腺増殖症 1例、混合性皮膚腫瘍 1例、リウマトイド結節 1例、LPLK 1例、表在性皮膚脂肪腫性母斑 1例、化膿性肉芽腫 2例

↑このページのトップへ

診療科紹介 専門外来
五十音順