診療科紹介

HOME > 診療科紹介 > 放射線科

放射線科

診療内容

放射線医療は大きく3つの分野に分けられます。画像診断・IVR・放射線治療です。当院では、放射線科医師は、画像診断とIVRに携わっています。一方、放射線治療に関しては、放射線治療科医師が担当しています。
画像診断は、CT・MRI・PETなどの装置によって、身体を画像化し病気の診断を行います。放射線科医師は、画像所見から病気の診断・報告書を作成し、主治医の診療に寄与します。
IVR(interventional Radiology;適切な日本語訳がありません)は、血管造影など画像診断の手技を用いて、実際に腫瘍や出血の治療を行うことです。侵襲の比較的少ない治療法です。
画像診断は内科的、IVRは外科的な診療といえるでしょう。
病院には、内科・外科などの診療科とは別に、手術室や検査部など、中央部門と呼ばれる基盤的な部門があります。中央放射線部(画像診断センター・放射線治療部門)もその1つです。放射線科は、画像診断センターの中枢的な役割を果たしています。

医師紹介

氏名 補職名 認定資格 専門分野
藤澤 一朗 副院長
部長
日本医学放射線学会放射線診断専門医
京都大学臨床教授
画像診断
魚川 享資 主任医長 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会PET核医学認定医
日本核医学会核医学専門医
IVR
画像診断
大西 佑典 医長 日本医学放射線学会放射線診断専門医 画像診断、IVR
山本 有香 医長 日本医学放射線学会放射線科専門医 画像診断一般
瀧谷 幸 医員   画像診断全般

取り扱える検査及び治療法

画像診断
分類 検査内容
一般撮影 胸部単純写真(いわゆる、胸のレントゲン写真です)など
透視検査 胃透視、注腸、小腸造影検査など
CT検査 コンピューター断層検査
MR検査 磁気共鳴画像法(磁石と電磁波を使って画像をつくります)
RI検査 放射線同位元素を使った検査
PET-CT がん診断に優れたPETとCTを同時に撮ることが可能です。
血管造影 血管のなかにカテーテルと呼ばれる管を入れて、検査をします。
その他 腹部超音波検査なども行っています

主な診療実績

診療分類 内容 2015年 2016年
画像診断 CT読影 21,947件 20,853件
MR読影 6,555件 6,289件
RI読影 444件 472件
PET読影 835件 818件
血管造影 66件 67件

↑このページのトップへ

診療科紹介 専門外来
五十音順