診療科紹介

HOME > 診療科紹介 > 外科

 当科では消化器外科と一般外科疾患を診療しています。すべての疾患において、十分な情報提供のうえで病状に応じた最善の治療を患者さんと考えて進めてまいります。そのなかで、肝・胆・膵領域の難治性がんやこれまで根治ができないと考えられてきた進行癌に対しては内科、放射線科、腫瘍内科と連携して、治癒を目指した集学的治療と拡大切除を行っています。また、胆のう摘出術、虫垂切除はもちろん、胃がん、大腸がん、食道がんなどの悪性腫瘍手術やそけいヘルニア手術、直腸脱に対する直腸固定術も鏡視下手術(胸腔鏡・腹腔鏡手術)を行っています。



診療しているおもな疾患は以下の通りです。

食道 食道がん、食道裂肛ヘルニア、アカラシア
胃・小腸 胃がん、小腸がん、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、腸閉塞
大腸 大腸がん、小腸がん、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)、虫垂炎
肛門 肛門管がん、痔核、痔瘻、裂肛、肛門脱、直腸脱
肝臓 原発性肝がん、転移性肝がん、肝嚢胞
胆管・膵臓 胆管がん、膵がん、胆石症、慢性膵炎
小児外科 ヘルニア、陰嚢水腫、虫垂炎
腹膜播種性悪性腫瘍: 虫垂がん、大腸がん、胃がん、中皮種、卵巣がんなどの腹膜播種

外来表

※別ページへリンクします。

専門外来

専門外来として小児外科外来(木曜午後)とストマ外来(金曜日)を行っています。

外科 小児外来
担当医師 佐藤 正人
診察日時 木曜日
受付:午後12時30分から2時30まで
診察:午後1時から3時まで
ストマ外来
担当医師
・看護師
外来担当医
WOC(創傷、オストミー、失禁)看護、ストマケア専門看護師
診察日時 金曜日
診察:午前9時から
受付方法 予約制なので事前にお問合せください

担当医師

氏名 補職名 認定資格 専門分野
小切 匡史 院長 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
膵臓・胆道外科
西嶌 準一 顧問・中央検査部長 日本外科学会専門医・指導医
日本食道学会食道科認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
一般外科
消化器外科(胃・食道疾患)
癌化学療法(胃癌・食道癌)
鍛 利幸 部長 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
消化器外科、食道外科
内視鏡外科
腹膜播種悪性腫瘍手術
(腹膜偽粘液腫、大腸癌・卵巣癌など)
髙木 秀和 医長 日本外科学会専門医
消化管外科
内視鏡外科
濱口 雄平 医長 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本移植学会移植認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
肝胆膵・移植外科
稲本 道 医長 日本外科学会専門医 消化器外科、内視鏡外科
杉本 奈緒子 専攻医    
有田 創 専攻医    
久徳 茂雄 応援医師 日本形成外科学会専門医
日本救急医学会専門医
日本熱傷学会専門医
日本頭蓋顔面外科学会専門医
日本皮膚腫瘍外科認定専門医
日本感染症学会ICD
日本創傷外科学会専門医
形成外科全般
頭蓋顔面外科
唇裂、その他の先天異常
熱傷
マイクロサージャリー、再建外科
褥創
佐藤 正人 応援医師 日本小児外科学会指導医・専門医
日本外科学会指導医・専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医(小児外科)
日本消化器外科学会認定医
小児外科
小児内視鏡外科

診療実績

 平成29年は手術件数728例、うち全身麻酔手術600例、悪性腫瘍(がん)手術246例、鏡視下手術(腹腔鏡、胸腔鏡)275例、緊急手術190例でした。

手術件数

平成29年度の主な疾患と術式は以下の通りです。

 平成29年診療実績
部位 病名 件数 術式 件数 鏡視下手術
食道 食道がん 9 食道亜全摘 8 7
胃・十二指腸 胃がん・十二指腸がん 59 幽門側胃切除 27 10
胃全摘 19 4
潰瘍穿孔・他 14 閉鎖、ドレナージ 13 9
小腸 小腸がん 2 小腸切除 2 2
イレウス 33 イレウス解除術 22 1
小腸穿孔・他 12 小腸切除、ドレナージ 21  
結腸・直腸 結腸がん・直腸がん 80 結腸切除 50 31
直腸切除・切断 23 16
大腸穿孔・膀胱瘻・他 26 大腸切除、ドレナージ 17 2
虫垂 急性虫垂炎 25 虫垂切除 25 25
虫垂がん 3 回盲部切除 2 1
肝臓 原発性肝がん
17
葉切除 6  
転移性肝がん 16 区域・亜区域切除 8  
    部分切除 17 4
胆道 胆石症 136 胆のう摘出、胆管切開 135 116
胆のうがん 7 膵頭十二指腸切除 6  
胆管がん 6 肝葉切除+胆管切除 4  
    拡大胆摘 5  
膵臓 膵がん 18 膵頭十二指腸切除 13  
膵のう胞性腫瘍 6 膵体尾部切除 10 3
ヘルニア ヘルニア 108 修復術 108 21
腹膜播種 虫垂原発 11 腹膜切除+HIPEC 12  
大腸原発・他 8 その他切除 5  

短期成績と生存率

1) 胃がん

 胃がん短期成績(2011~2013)NCD登録データから
項目 自施設 全国平均
幽門側胃切除    
 手術症例数 110  
 手術関連死亡 0 % 1.1 %
 再手術 1.8 % 2.4 %
 平均在院日数 20.0日 22.7日
胃全摘    
 手術症例数 73  
 手術関連死亡 0 % 2.3 %
 再手術 1.4 % 4.4 %
 平均在院日数 24.7日 27.5日

2) 大腸がん

 大腸がん短期成績(2011~2013)NCD登録データから
項目 自施設 全国平均
結腸右半切除    
 手術症例数 60  
 手術関連死亡 1.7 % 2.2 %
 再手術 0 % 3.2 %
 平均在院日数 17.3日 23.9日
直腸低位前方切除    
 手術症例数 42  
 手術関連死亡 0 % 2.3 %
 再手術 11.9 % 7.8 %
 平均在院日数 19.3日 25.6日

当院の特徴

鏡視下手術

 消化器外科の最近の進歩のひとつは鏡視下手術(腹腔鏡・胸腔鏡手術)の普及です。腹腔鏡手術は、お腹にあけた数か所の孔からビデオカメラと手術器具を差し入れて手術を行う方法です。従来の開腹手術(お腹を切る手術)と比べると、1)痛みが少ない、2)出血量が少ない、3)早く食事ができるようになる、4)入院期間が短いなどの利点があります。一方で、手術時間が長い、技術が必要、手術既往や病期によっては腹腔鏡手術の困難な症例があるなどの欠点もあります。しかし、若い患者さんであれば早く社会復帰できること、体力のない高齢者の患者さんには肺炎などの術後合併症が減らせる可能性があることから、我々は安全性を担保したうえで積極的に適応を広げてきました。



1) 胃がん

胃癌治療ガイドライン(2014年)では、腹腔鏡下胃切除は臨床病期Ⅰの早期胃がんに対して日常臨床として選択肢となりうると記載されています。一方、臨床病期Ⅱ以上の進行がん、胃全摘症例については、まだ慎重です。当科では、早期胃がんに対しては原則的に腹腔鏡手術をお勧めし、それより進行したがんでも、がんが筋層まで浸潤した症例や限られた個数のリンパ節転移の症例に対して腹腔鏡手術の可能性をお話ししています。

腹腔鏡下胃全摘

2) 大腸がん

大腸癌治療ガイドライン(2016年)では、結腸がんに対する腹腔鏡手術の有用性について、開腹手術と比較して術後の経過が優れており、合併症や再発が同等であること、手術チームの習熟度を考慮して適応を決定するよう記載されています。一方、直腸がんに対してはまだ慎重に適応を決めるべきと書かれています。当科では、これまでの実績に基づいて患者さんに腹腔鏡手術の可能性をご説明して適応を決めています。

3) 食道がん

食道がん治療では、手術は化学放射線治療と比較して根治性では優れていると考えられていますが、術後合併症、特に肺炎を併発する危険性が高いことが問題でした。胸腔鏡手術は従来の開胸手術と比べて術後肺炎などの呼吸器合併症が少ないと報告されています。一方で、胸腔鏡手術は技術が必要です。当科では、これまでの実績に基づいて胸腔鏡手術の可能性をご説明したうえで、適応を決めています。

腹腔鏡下食道切除

4) 肝がん、膵のう胞性腫瘍

肝部分切除や膵のう胞性腫瘍など肝胆膵領域でも限られた症例で平成29年から腹腔鏡手術を導入しています。

5) そけいヘルニア

鼠径ヘルニアの手術は腹膜前腔にメッシュシートをおいて補強する方法が一般的です。当院では平成28年まで前方アプローチによるダイレクトクーゲル法を行ってきましたが、平成29年から腹腔鏡下に行うTAPP法を開始しました。これは、お腹に3か所の孔を開け腹腔鏡下に腹膜側からメッシュシートを挿入する方法です。TAPPの長所は、1)術後早期の疼痛が軽減すること、2)複雑なヘルニア(大腿ヘルニアなど)、両側ヘルニアの診断が容易で同時に手術できることです。前方アプローチに比べて早期に運動を再開できるメリットがあります。一方、短所は、1)全身麻酔が必要であること、2)腹部手術の既往のある患者さんは困難な場合があることです。どちらも3~4日の入院が必要です。外来を受診された患者さんには、ふたつの術式の長所と短所をお話しして選択していただくことができます。

腹腔鏡下ヘルニア修復術

6) 直腸脱

直腸脱は、骨盤臓器を支える組織や括約筋が弱くなって本来お腹の中にあるべき直腸が肛門から脱出する病気です。直腸を骨盤に固定する直腸固定術は根治的な治療として行われてきましたが、腹腔鏡下に行うことによってより低侵襲な手術として適応が広がってきています。

腹腔鏡下直腸固定術

集学的治療と拡大切除

1) 肝・膵・胆道系のがん

肝・膵・胆道系のがんは難治性がんの代表といわれています。進行した病期で見つかることが多いことや、切除が難しい症例が多いためです。当院では、内科、外科、放射線科、腫瘍内科とカンファレンスを行い、多角的な視点から最適の治療方法を選んでいます。当科では根治を目的とした術前術後化学療法を併用した集学的治療を行い、積極的な切除を進めています。

ⅰ)切除不能転移性肝がんに対する化学療法後のconversion surgery
conversion surgery1
conversion surgery2

ⅱ)局所進行膵がんに対する血管合併切除を伴う膵頭十二指腸切除
膵頭十二指腸切除

ⅲ)切除不能膵がんに対する化学療法後のconversion surgery
conversion surgery3

2) 転移性胃がん、局所進行直腸がん

これまで切除適応外、あるいは切除不能と考えられてきた転移性胃がんや局所進行直腸がんに対して術前化学療法を行い、腫瘍が縮小した症例には積極的に根治切除を目指した手術を行っています。

ⅰ)食道がん化学放射線治療後再発後の胸腔鏡下サルベージ手術
サルベージ手術


腹膜播種に対する腹膜切除と腹腔内温熱化学療法の治療プログラムについて


 お腹の中は腹膜という薄い膜におおわれており、腹膜に囲まれたスペースを腹腔と呼びます。腫瘍が腹腔にこぼれて腹膜に広がった状態を腹膜播種といいます。以前は、もう治らない病気として抗癌剤治療や緩和治療などでなるべく長く腫瘍と仲良くつきあうことが目標でした。しかし、最近、腹膜に播種した腫瘍を切除し、その後に腹腔内温熱化学療法を行うという治療が欧米を中心に広く行われるようになり、これまでの治療よりも長い期間元気で過ごすことができたり、病気が治ったりすることがわかってきました。この治療で重要なことは、手術で腫瘍を最小限に減量した後で、十分高濃度の抗癌剤を約42℃の温度で腹腔内に直接投与することによって、残った腫瘍細胞を消失させることです。この治療を我が国で行っている施設はまだ限られていますが、これまで報告された論文や学会発表では、欧米の報告とほぼ同等の治療成績が得られています。我々は、腫瘍が腹腔内に広がった患者さんに対して、腹膜切除と腹腔内温熱化学療法が安全に行うことができ、また有効であることを確かめるためにこの治療プログラムを始めました。
 これまで、腹膜播種は極めて予後不良な病態であり、癌の終末期と認識されてきました。実際に、大腸癌腹膜播種症例に対して全身化学療法を行った報告では生存期間5.2~12.6カ月で、5年以上の長期生存例はほとんどありませんでした。しかし、腹膜播種症例の中には腫瘍が腹腔内にとどまり腹腔以外(肺や肝など)への転移がほとんどないものがあります。このような症例の積み重ねから腹膜播種に対する生物学的理解が深まり、腹膜播種に対する積極的な局所治療が有効であることがわかってきました。
 1995年にSugarbakerによって報告された腹腹膜切除を伴う減量手術 (CRS: cytoreductive surgery) と腹腔内温熱化学療法 (HIPEC: hyperthermic intraperitoneal chemotherapy)は、大腸・虫垂由来の腫瘍や婦人科腫瘍に適用され、現在、欧米を中心とした多くの専門施設において腹腔内臓器由来の癌の腹膜播種症例に対する治療選択枝のひとつとして行われるようになってきました。なかでも、腹膜偽粘液腫はこの治療法が最も有効な疾患と考えられています。腹膜偽粘液腫は、虫垂の粘液産生腫瘍が腹腔内に播種して大量の粘液性腹水が貯留するまれな病態です。これまで難治性とされていましたが、現在ではCRS + HIPECが標準治療と考えられています。2012年、Chuaらによる16の専門施設2298症例の集積では、5年生存率80%、10年生存率74%と報告されています。
 大腸癌腹膜播種に対しても、2003年、VerwaalらはCRS + HIPECと全身化学療法の比較試験において、生存期間中間値がそれぞれ22.4か月vs.12.6か月、2年生存率が43%vs.16%と有意にCRS + HIPECが優れていることを報告しました。その後2008年に報告された長期成績では5年生存率は20%、特に完全切除が得られた症例では5年生存率は45%とこれまでにない良好な結果でした。最近のCashinら(2016)による臨床試験でも、化学療法のみに対してCRS+HIPECは約2倍の生存期間が得られました。これらの結果を受けて、アメリカのNCCNやヨーロッパのESMOのガイドラインでは専門施設での大腸癌に対するCRS+HIPECが推奨されるようになりました。しかし、残念ながら、我が国ではまだこの治療法が普及しているとはいえない状態です。
 腹膜偽粘液腫に対してはほとんどの症例がCRS + HIPECの適応です。大腸癌腹膜播種では、転移が腹膜に限られており肉眼的完全切除が可能な症例が適応になります。具体的には、Peritoneal cancer index(腫瘍量の指標)が20以下の症例で、取り扱い規約で“P3”の症例も適応になります。詳しい適応や治療内容については、担当者:鍛(きたい)までお問い合わせください。 診察、セカンドオピニオンのお申し込みは、地域医療室を通じて、毎週月曜日の鍛の外来をご予約いただくか、セカンドオピニオンの予約をお取りください。

腹膜偽粘液腫に対する腹膜切除と腹腔内温熱化学療法

 
腹膜偽粘液腫のCT: 肝表面や胃の周囲を中心に粘液性腫瘍(*)の播種を認めます。

 
開腹所見: 腹腔内全体に粘液性腫瘍の播種を認め、上腹部臓器は一塊となっています。


 
腹膜切除: Sugarbaker (1995)によって提唱された腹膜切除では、1)大網切除・脾摘、 2)左上腹部腹膜切除、3)右上腹部腹膜切除・肝被膜切除、4)小網切除・胆摘・網嚢腹膜切除、5)直腸切除(子宮全摘)・骨盤腹膜切除、6)胃切除 を行います。




切除後の上腹部手術所見: 横隔膜下腹膜、肝被膜、網嚢が切除され、胃切除、右半結腸切除が行われています。



 
腹腔内温熱化学療法: 腹膜切除後、腹腔内遊離細胞の治療目的に行います。




我々のこれまでの治療成績: 完全切除が可能であった症例の10年生存率は約68%でした。

「腹膜播種性悪性疾患に対する腹膜切除と腹腔内温熱化学療法の安全性と有効性の検証」

(当院での治療成績)

岸和田市民病院において、2012年7月から2017年9月までに、腹膜播種性悪性腫瘍に対してCRS+HIPECを施行した56例(再切除13例を含む)について、術後短期成績と生存率を解析した。CRSはSugarbakerの方法に従って行い、HIPECはCDDP50mg/m2, MMC10mg/m2を用いて42℃で60分間行った。


術後短期成績

中間値(最小-最大)、症例数(%)
年齢
63.5 (19 – 86)才
性(男 / 女)
20 / 36
ASA-PS (> 3)
8 (14%)
原発(虫垂 / 大腸 /胃 / 卵巣)
42 / 11 / 2 / 1
PCI
15 (2 – 39)
完全切除
52 (97%)
手術時間
8.9 (2.9 – 16.4) 時間
出血量
1272 (50 – 9023)g
HIPEC
50 (84%)
術後合併症(> grade 3)
11 (19.6%)
手術関連死亡
1 (1.8%)
術後入院期間
20 (14 – 176) 日
ICU入室機関
3 (1 – 32) 日

腹膜切除に関する論文

1) Kitai T, K Yamanaka. Repeat cytoreduction and hyperthermic intraperitoneal chemotherapy for recurrent peritoneal carcinomatosis of appendiceal origin. Int J Clin Oncol. 2017 Nov 27. doi: 10.1007/s10147-017-1217-8.
2) Kitai T, Yamanaka K, Miyauchi Y, Kawashima M. Indications for cytoreductive surgery and hyperthermic intraperitoneal chemotherapy in elderly patients with peritoneal malignancy. Int J Clin Oncol 2017;22:519-525
3) Kitai T, M Kawashima. A case of pseudomyxoma peritonei with pleural recurrence in which long-term survival was achieved by pleurectomy and intrathoracic chemotherapy. Int Canc Conf J (2015) 4: 155. https://doi.org/10.1007/s13691-014-0189-z
4) Kitai T, Hirai T, Fujita T, Yonemura Y, Canbay E. Survey on the incidence and management of pseudomyxoma peritonei in Japan. Gan To Kagaku Ryoho 2013;40:1043-8
5) Kitai T. Pulmonary metastasis from pseudomyxoma peritonei. Gastroenterol Res Pract. 2012;2012:690256. doi: 10.1155/2012/690256
6) Kitai T, Kawashima M, Yamanaka K, Ichijima K, Fujii H, Mashima S, Shimahara Y. Cytoreductive surgery with intraperitoneal chemotherapy to treat pseudomyxoma peritonei at nonspecialized hospitals. Surg Today 2011;41:1219-23

↑このページのトップへ

診療科紹介 専門外来
五十音順