医療関係の方へ

HOME > 医療関係者の方へ > PETがん検診の実施

PETがん検診の実施

最新鋭PET-CT装置と腫瘍マーカーを用いたがん検診を行なっております。

PETがん検診のお申し込みはこちら

がんの早期発見について

がんは、日本人の死因の第1位を占める疾患です。手術・放射線治療・化学療法・免疫療法などがおこなわれますが、早期に診断・治療することが、最も有効な治療法です。

市民病院のPETがん検診

がんの診断には、画像診断・内視鏡検査・血液検査・病理学的検査など、様々な方法が用いられています。市民病院のPETがん検診では、最新鋭のPET-CT検査に、血液検査(腫瘍マーカー等)を加え、診断能力を高めて、がんの早期発見に努めます。

PET検査とは

身体を構成している細胞は、生きていくためのエネルギーとして、“ぶどう糖”を必要としています。がんなどの悪性腫瘍は、正常な細胞より増殖が活発に行なわれるため、3~8倍のぶどう糖を必要としています。PET検査によるがんの診断は、このようながん細胞の性質を利用しています。フッ素18という放射線を放出する物質をつけた薬剤(FDGといいます)を注射し、PET装置でFDGの分布状態を撮影します。FDGはぶどう糖によく似た性質を持っているため、がん細胞に強く取り込まれます。PET装置は、それを検出して画像化します。

なお、糖尿病で血糖値の高い方は、検査できないことがあります。

PET検査の特長

PET-CT装置とは

PET-CT写真

PET装置はがんの検出に優れていますが、どの部位にがんがあるのかという正確な位置情報を得ることができません。そのため、CTやMRなど、他の画像診断と組み合わせるとより一層正確な診断ができます。
また、PETでは分かりにくいがんが、CTで見つかることがあります。市民病院に導入されたPET-CT装置は、PETとCT検査を同時に行なうことが可能な最新鋭の画像診断装置です。

腫瘍マーカーとは

腫瘍マーカーとは、「腫瘍の診断・治療に用いられる検査」であり、腫瘍細胞の目印(マーカー)になる物質の総称です。腫瘍には、悪性腫瘍いわゆる「がん」と呼ばれるものと良性腫瘍があります。腫瘍マーカーの検査によって、身体のどの部分の「がん」か、「がん細胞」はどのような性質か、どの治療が有効か?再発はないか?などを調べることができます。しかしながら、腫瘍マーカー検査は、一種の補助診断法であって各臓器に特異的な腫瘍マーカーが少ないため、決定的なものではありません。他の病気でも検査値が上昇する場合があります。 また、腫瘍マーカーは、(下図)にあるように多くの種類があります。よって、これら複数の腫瘍マーカーを組み合わせて検査することが大事です。

臓器別対象腫瘍マーカー
臓器別対象腫瘍マーカー
市民病院のがん検診で測定する腫瘍マーカー

費用

98,700円(税込み)です。

医療関係者の方へ