病院のご案内

HOME > 病院のご案内 > 新人看護職員研修

新人看護職員研修

本院では、新人看護職員研修を実施しています。また、地域の新人看護職員すべてが研修を受けられるように医療機関受入研修も実施しています。
新人看護職員が育ち、看護の力が向上し地域に根付くことを願っています。

採用時集合研修

4月

組織の概要と活動

医療安全に関する研修(安全管理・感染管理など)

看護継続教育

看護記録・看護倫理・看護サービス・接遇・看護提供方式など

基礎看護技術研修

基本的な実践能力の獲得を目的とした、基礎看護技術研修を実施しています

新人が、安心して各部署で看護ケアができるように支援しています。
4月~10月の間に、日常生活援助から診療補助業務、救命救急処置技術と進めています。
技術だけでなく、指示確認、準備、説明、実施、確認、片付けなど、安全に、安楽に、現場で実践できるレベルでの研修を行っています。

4月

10月

食事援助技術(食事介助・経管栄養法)

与薬の技術(皮下注射・筋肉内注射・皮内注射)

症状・生体機能管理技術(採血・自己血糖測定・尿検査)

呼吸・循環を整える技術(吸引・酸素吸入・薬液吸入・体位ドレナージ)

与薬の技術(静脈内注射・点滴静脈内注射)

与薬の技術(輸液ポンプ・シリンジポンプの準備と管理)

救命救急処置技術

(意識レベル把握、気道確保、人工呼吸、心臓マッサージ、気管挿管の準備と介助、応援要請)

ラダーレベルⅠ 集合研修

5月 フィジカルアセスメント
6月 メンバーシップI、看護過程の展開I-①、周手術期、創傷管理
7月 メンバーシップ、夜間の看護
8月 看護過程の展開I-②
11月 看護過程の展開I-③

院内臨床看護研修

8月

2月
  • 8月から12月の間に、院内臨床看護研修を行う
  • 病棟勤務の者は、中央手術室で3日、救急センターで5日、集中治療室で1日の研修を行う
  • 中央手術室勤務の者は、病棟で2週間の研修を行う

↑このページのトップへ

H23年度 新人看護職員19名
就職時の集合教育の様子です
感染管理研修の様子です。 座学だけでなく、演習も取り入れ、理解しやすく、即実践できるように工夫しています。 感染管理認定看護師が講師をしています。 接遇研修です。 実際に、講師と採用者、採用者同士などで、電話の応対や挨拶の仕方などを行い、お互いに評価しあいます。
採用時の研修最終日には・・・
新規採用看護職員の歓迎会です

各部署の特殊性や目指す看護などを紹介しています。
その際には、特技などの披露もあり、おいしい食事をとりながら、とても盛り上がっています。

新人看護職員研修の様子

2011/6/1 看護過程Ⅰ-①
2011/6/29 メンバーシップⅠ 看護業務と時間管理

3人の患者さんの事例で 日勤帯の業務についてグループワークをしました。
それぞれの患者さんの、看護目標やその日の検査・処置などから
優先度を考え、業務分解しながらその日一日のスケジュールをたてました。

それぞれのグループのスケジュールを確認!
そして、自分たちには気づかなかったことなど、
いいなあ、と思うところには、花丸が付いています。
それぞれ、自分たちの成果を模造紙にまとめて、各グループの発表です。
各グループの個性が出ていましたよ
2011/7/5 メンバーシップⅠ 夜間の看護

自分たちが、入院したとき
夜間、どんな看護師さんに、看護してほしい?
KJ法を用いて、みんなで考えて見ました。

 
2011/7/6.7 救命救急処置技術

第1回

 
第2回    
第3回   第3回は、研修日が違う日になるので、本院の新人のみです。
傷病者の
社会復帰を目指して
質の良い胸骨圧迫!!
位置、深さ、リズム、続けること
これから、自信をもって、一次救命できます!
2011/8/10 与薬技術(輸液・シリンジポンプ)
2011/9/6 口腔ケアと食事援助技術

指導者の見学2名です。↓  実践後にお互い気づいたことを評価しあいます。

2011/10/4 呼吸・循環を整える技術

午前中は、認定看護師による講義と酸素ボンベの取扱いを実施しました。

酸素流量計の取り外しを実際に行ったり、患者さんに使用前に、酸素ボンベの残量計算を行い、使用できるか確認

患者役になることで、みんな多くの気づきが得られるようです。

 
他施設の新人看護職員と共に研修を受けた感想・意見
  • 久しぶりに同期のメンバーに会う機会があって、情報交換や進み具合など、お互い意識し励ましあえたので良かった。楽しく学べた。
  • 他施設の方と共に研修を受け、GWで意見交換ができ、同じ看護師の新人として、やる気につながった
  • 他施設の人との交流で、その施設に会った方法や内容があることが気づいた。そしてその良い方法や安楽な手順をお互い情報交換でき学びが増えたより議論が活発になった
  • お互いの施設の情報を交換する機会となった。よい刺激になった。楽しく研修できた。
  • はじめは、GWなどで同じグループにならないと話すキッカケもなかったが、研修で顔を合わせる度に少しずつ話せるようになり、他施設の研修内容や方法などの話を聞くことも新鮮だった。

医療機関受入研修事業

医療機関受入実績

  2010年度 2011年度
受入施設 社会医療法人栄公会
佐野記念病院

95床
特定医療法人三和会
永山病院

350床
(一般病床148床)
社会医療法人栄公会
佐野記念病院

95床
特定医療法人三和会
永山病院

350床
(一般病床148床)
受入人数 6人 10人 4人 10人
指導者の見学受入開始(延べ6人)
受入月 4月のみ 4月のみ 4,5,6,7,8,9,
10月
4,5, 7,9月
受入研修数 2項目/22項目中 1項目/22項目中 17項目/20項目中 7項目/20項目中
時間数/1人 9時間/人 3時間45分/人 63時間40分/人 24時間45分/人

市立岸和田市民病院での新人看護職員研修を受講して

社会医療法人栄公会 佐野記念病院
山口 良輔さん

 入職して直ぐに、月2回くらいのペースで研修して頂き、ありがとうございました。看護の講義だけでなく社会人としての姿勢や接遇などの講義もあり、とても良い学びになりました。また、他施設の看護手技マニュアルに沿っての演習では、大きく変わりはないが、少し違うところについての必要性を講義を通して学ぶことができました。
 そして、一番良かったことは、他施設の同じ新人看護職員と交流を持てたことです。同じ学校の卒業生もいたことで、演習などのグループワークの時、初対面の方でもすぐに溶け込むことができ、充実したグループワークになったと思っています。
 最後の言葉で、自分たち4人も含めて同じ新人看護職員として思うとおっしゃっていただいた時、すごく嬉しかったです。月に1~2回のペースでしたが、身近な病院となりました。ありがとうございました。

その他の新人看護職員の方々の感想
  • 半年間、様々な研修に参加させていただき、知識や技術をたくさん学ぶことができました。看護ケアを行うには、基礎をしっかり身につけていないと良いケアを行うことができないと思い、研修を受けて再学習することができました。これから、研修で学んだことを職場で活かしながら、知識や技術を身につけていこうと思います。
  • 普段はあまり学ぶことがない呼吸器や様々な看護を学ぶことができました。また、臨床に出て役立てることも出来ています。とても勉強になりました。ありがとうございました。
  • 様々な実技体験を経験させていただき、文面だけでは学べないことをたくさん学びました。
    また、実際に自分で技術を行うことで自信にもつながり、仕事へ活かせるようになりました。ありがとうございました。


病院のご案内