病院の特色

HOME > 病院の特色 > 地域がん診療連携拠点病院 > がん相談支援センター

がん相談支援センター

当院には、がん相談支援センターが設置されています。国立がん研究センターの主催するがん相談基礎研修に参加し、様々な相談に対応できるようなスキルを身に着けるよう努めており、院内・院外からの多数の相談に応じています。


研修修了証のバッチ

がん相談窓口

がんに関する症状、治療、薬剤、検査、介護、検診、医療費の支払いなど様々な疑問や悩みの相談窓口です。
相談窓口のスタッフ(医療ソーシャルワーカー、看護師)がまず対応し、専門的な内容については各分野のスタッフが責任を持ってお答え致します。ご自身のみならず、ご家族のがんに関する問題もお気軽にご相談下さい。費用は無料です。但しセカンド・オピニオンについては別途対応をさせて頂きます。

<お問い合わせ先>
電話番号: 072-445-1000  FAX: 072-441-8810
場所: 外来棟1階奥(1階総合案内にて場所をお尋ねください)
受付日時: 毎週月~金曜日 午前9時~午後5時

メールでもご相談いただけます。

宛先:info@kishiwada-hospital.com
※ボタンをクリックすると、outlookのメーラーが起動します。

がんに関するWEBサイト



医療福祉相談部

医療福祉相談部では、医療ソーシャルワーカーが外来、入院問わず当院患者様に抱える受診・受療に関するご相談に対応しております。超高齢化社会が進む中、医療機関の役割機能分担により、急性期病院から退院されたり転医される際、さまざまな問題が生じたり、不安を抱える患者様、家族の方々が多くいらっしゃいます。 病気やけがで治療を受けながらも、その人らしさ、生活の質を大切にできるよう支援を心がけております。

また地域包括ケアのシステム構築に向けて、岸和田市内の医療機関、地域包括支援センター、行政機関などとの連携を図り、その取り組みに積極的参画しております。 @ホームきしわだ(http://home-kishiwada.jp/)

相談、援助内容

①療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
 治療、療養に際しての精神的苦痛、家事、育児などの家族関係、また職場、地域などの社会関係の調整など傷病から生ずる問題の予防や早期解決。

②退院援助(社会、家庭復帰援助)
 リハビリテーション、療養などを目的とした転院先の医療機関、福祉関連施設入所の選定、介護保険など在宅ケアサービスの情報を整理し関係職種と連携などを行い、円滑で安心のできる退院支援。

③受診・受療援助
 患者家族の社会背景に配慮し、不安要因への解決に取り組み、適切な医療が受けられるための支援。診療に必要な医師、看護師などのスタッフとの情報共有。

④経済的問題の解決、調整援助
 医療費、生活費にお困りの場合、高額療養費、傷病手当、生活保護など各保険、福祉の諸制度についての情報提供とそれらを活用できるよう支援をします。

⑤地域活動
 虐待、DV問題など人権擁護関連の各種会議の参加、アルコール問題、自殺企図などの精神疾患にともなう社会、家族問題への研修会の参加など。

⑥がん拠点病院としてのがん相談
 がんの治療に伴うさまざまな相談、緩和ケアや在宅診療、訪問看護、介護サービスなどへの連携調整をおこない、治療中の生活問題をサポートします。またがん相談に必要な様々な研修会、勉強会への参加を積極的におこなっています。

スタッフ

医療ソーシャルワーカー5名
資格取得;社会福祉士
       精神保健福祉士
       介護支援専門員
       認知症ケア専門士
       認定がん専門相談員

相談受付時間 

  月~金(祝日、年末年始を除く)  午前9時~午後5時
  お電話や総合相談窓口にてお申し付けください。

病院の特色