平成28年度 市立岸和田市民 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 636 196 202 292 549 837 1731 2459 1407 185
平成28年度に退院した患者数を年齢階級で分けた表です。
最も多い年齢階級は70歳代で、60~80歳代が全体の3分の2を占めています。
泉州地域で唯一のがん診療連携拠点病院であり、高齢者人口の増加に伴い、
がん患者における高齢者の割合も増加していることが影響していると考えられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 272 3.72 3.68 2.57 70.6
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 77 12.12 12.73 0 67.52
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 51 13.33 12.35 3.92 69.59
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 51 26.84 19.92 3.92 74.53
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 24.05 21.25 27.91 83.09
呼吸器科の特徴は、呼吸器系疾患の診断のために行う気管支鏡検査が多いことです。
また呼吸器内科、呼吸器外科、呼吸器センターを設置しており、腫瘍内科・放射線治療科・緩和ケア内科など
関連他科とも密に連携し、患者様1人1人に最適かつ円滑な医療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 159 3.53 3.06 0.63 68.8
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 117 16.64 17.95 6.84 79.53
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 103 6.35 5.51 0 60.39
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 96 5.46 4.71 0 70.77
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 10.88 13.02 4.08 66.71
循環器内科の特徴は、24時間365日心臓カテーテル検査や治療を行える体制を整えていることです。
また、医師、看護師、リハビリ技師で心臓リハビリテーションチームを編成し、患者様の生活の質や予後の改善に努めています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 139 12.06 11.06 5.76 73.16
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 48 11.88 11.74 0 73.44
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 43 9.84 9.02 0 73.49
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 11.56 10.93 8.33 69.17
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 14.42 13.5 6.45 65.39
消化器内科の特徴は、内視鏡を使った手術が上位を占めていることです。
また、肝臓外来に加え膵臓外来を新設し、専門的な検査、治療を実施していることも大きな特徴です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 53 6.57 7.61 1.89 58.57
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 39 7.87 9.08 7.69 70.92
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 31 16.1 17.65 0 72.39
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 14.96 15.92 3.57 71
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 28 5.54 6.82 0 60.46
外科の特徴は、救急症例や他院で治療困難な腹部外科疾患も積極的に受け入れ外科的治療を行ってることです。
また、泉州地域のがん地域連携拠点病院として消化器癌の外科治療を担うべく努力しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 94 7.61 8.12 0 22.24
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 66 7.3 7.47 0 53.3
030428xxxxxxxx 突発性難聴 51 12.41 9.37 0 56.53
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 50 5.42 5.5 0 41.1
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 48 9.13 9.6 0 63.44
耳鼻咽喉科の特徴は、耳・鼻・のどの疾患に幅広く対応できることです。
泉州二次医療圏における耳鼻咽喉科疾患の最終診療科としての役割を果たすべく、入院や手術を必要とする耳鼻咽喉科疾患は
ほぼすべて受け入れており、特に耳科手術と頭頸部腫瘍手術に注力しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 96 4.7 6.02 3.13 1.13
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 89 4.91 5.79 1.12 4.82
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 66 4.94 6.42 3.03 4.2
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 31 3.71 5.5 0 2.61
030270xxxxxxxx 上気道炎 29 4.48 4.83 0 2.48
小児科の特徴は、感染症などの急性疾患が多いことです。
泉州地域の中核病院小児科として、小児疾患全般にわたって幅広く診療し、可能な限り当科で対応できるように努めています。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 62 22.16 14.83 14.52 71.29
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 60 6.45 12.35 0 66.55
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 46 4.17 3.68 0 71.67
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 28 5.57 6.88 0 72.39
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 8あり 21 7.95 12.01 0 65.67
腫瘍内科の特徴は、一般市中病院にがん薬物療法専門医が所属して入院・外来診療共に本格的に稼働している数少ない診療科
であることです。
がんに関連する合併症に対する緊急入院や、多岐にわたるがん種の化学療法や臓器特異的な症状対応なども行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 76 27.43 27.63 80.26 80.95
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 32 19.69 26.26 18.75 74.75
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 20 22.7 24.42 10 64.35
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 20 23.4 17.99 30 74.95
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 17 4.18 5.49 5.88 50.71
整形外科の特徴は、高齢者に多い股関節の骨折や膝関節症に関する治療を多く実施しているところです。
泉州地区の地域基幹病院として、近隣のクリニックや病院からの紹介患者は病床の許す限り受け入れを行う体制で業務にあたっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 38 6.13 6.42 0 42.58
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 29 10.24 10.05 3.45 49.38
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 27 10.74 9.44 7.41 73.22
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 25 7.2 6.29 4 43.64
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 24 8.67 5.12 0 55.46
産婦人科の特徴は、がん診療連携拠点病院として婦人科腫瘍専門医に加え、放射線治療医、腫瘍内科医、緩和ケア内科医等の医師もそろっており、がんに関する集学的な治療が可能であることです。
また、平成26年5月より産科診療を再開し、24時間365日産婦人科医師が分娩管理や妊娠中の異常に対応しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 39 15.46 16.54 30.77 72
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 10.92 11.83 19.23 73.35
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 21.13 19.35 68.75 68.25
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 9.07 7.52 7.14 64.5
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 13 3 3.2 0 66.15
脳神経外科の特徴は、他科に比べて転院率が高いことです。
急性期治療が終了後、他の専門病院においてリハビリ加療等を継続していただいています。
また、当直もしくは宅直の体制で24時間365日迅速な治療を常時提供できる体制をとり、
脳卒中や脳腫瘍以外にも脳神経外科領域全般に渡って診療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 63 8.4 7.44 1.59 76.37
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 32 7.59 5.83 0 63.19
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 19 7.58 7.78 0 71.37
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 12 10.42 12.43 16.67 63
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 11 10.27 8.83 9.09 74.64
泌尿器科の特徴は、泌尿器疾患全般にわたって対応できることです。
また、尿失禁外来や前立腺肥大症手術(レーザーを使用したHoLEP手術)を導入してることも近隣病院にはない特色です。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 125 2.02 3.34 0 67.54
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 8.54 11.38 0 75.54
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.87 - -
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - - 28.23 - -
050163xx02x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 なし - - 17.74 - -
心臓血管外科の特徴は、心臓手術、大血管手術、閉塞性動脈硬化症に対する血行再建手術、ペースメーカー移植術等にくわえ、
下肢静脈瘤手術治療も行っていることです。
また、循環器疾患救急対応など循環器系疾患全般を診療対象としています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 52 18.79 16.83 1.92 68.27
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 19 46.05 41.96 0 71.37
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 3あり 18 32.11 36.08 0 66.67
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 12 25 34.9 0 57.42
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 10 23.4 21.92 0 71.8
血液内科の特徴は、悪性リンパ腫の症例が多く骨髄異形成症候群・急性白血病などの造血器悪性腫瘍の加療を主に行っていることです。
泉州二次医療圏内において数少ない診療科として地域に貢献できるよう努力しています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 57 6.79 6.59 0 56.11
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 48 8.77 10.3 0 59.48
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 37 10.59 11.57 2.7 60.03
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.39 - -
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり - - 4.1 - -
乳腺外科の特徴は、原発性乳がんの診断・手術・術前後薬物療法と、進行再発乳がんの薬物療法を中心に診療を行っていることです。
乳がんは早期発見できれば治癒も可能なため、泉州地域のがん地域連携拠点病院として、万全の体制で早期発見に努めております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 19 5.26 3.44 0 73.37
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 11 5.91 5.11 0 39.82
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 11 6.91 8.78 9.09 74.27
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 あり - - 45.68 - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - - 4.28 - -
形成外科の特徴は、多様な形成外科的疾患に対する手術を行っていることです。
常勤医2名体制で外来診療のみならず入院診療も含めて地域のニーズに応えられることも当科の特色です。
また、フットケアや褥瘡の専門的な診療も行っています。
代謝・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 18 13.33 14.61 0 61.61
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 14 11.71 11.48 7.14 60
100080xx99x100 その他の糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 15.86 - -
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.78 - -
100060xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 13.46 - -
代謝・内分泌内科の特徴は、糖尿病地域連携パスの増進や糖尿病チーム医療を積極的に実施しているところです。
また内分泌疾患においては泉州二次医療圏内に専門医が少なく、多数の患者様が当科を受診されるため内服治療に加え
他科との連携をはかり手術加療も行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 22 4.95 8.78 0 76.09
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - - 4.28 - -
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし - - 14.87 - -
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし - - 8.49 - -
- - - - - - -
皮膚科の特徴は、皮膚腫瘍の診療を多く行っていることです。
地域がん連携拠点病院にて、皮膚科以外にも腫瘍内科や放射線治療科、緩和ケア科などがあり、
各科の協力のもとに一連のがん治療も可能です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 57 17 20 44 - 76 1 7
大腸癌 30 30 31 37 - 34 1 7
乳癌 70 49 - - - 15 1 7
肺癌 148 22 95 164 144 173 1 7
肝癌 18 - 3 3 - 57 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発の件数は、多い順に肺癌、胃癌、大腸癌、乳癌、肝癌となっています。
再発の件数は、多い順に肺癌、胃癌、肝癌、大腸癌、乳癌となっています。
乳癌は初発でStage I、Stage IIと比較的早期の患者様が多いことがわかりますが、
肝癌は再発の割合が多くなっていることがわかります。
国指定の地域がん診療連携拠点病院として、Stage IVの重症患者様も多く受け入れていることがわかります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 9.21 57.93
中等症 93 16.68 76.27
重症 35 17.54 81.29
超重症 11 21.09 80.09
不明 - - -
成人市中肺炎の中等症の患者数が最も多いことがわかります。
また、重症度が上がるほど在院日数が伸びる傾向にあることや、
重症・超重症の患者は軽症・中等症の患者より高齢者が多いことがわかります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 133 20.31 75.52 35.81
その他 15 21.8 75.6 4.05
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞と診断された患者様のうち、約90%は発症から3日以内に入院され早期から治療を受けておられます。
発症から3日以内の場合は約65%が自宅に帰られていますが、約35%が他院に転院し、リハビリテーションや療養入院を続けていることがわかります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 85 2.04 4.24 4.71 60.44
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 80 0.94 1.9 0 58.95
K6572 胃全摘術 悪性腫瘍手術 等 25 2.92 13.56 4 72.28
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 21 2.9 11.76 4.76 67.05
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 20 0.55 3.05 0 34.45
外科では、前年同様胆のう炎、胆のう結石で行う手術が上位となっていますが、悪性腫瘍手術件数が著増しています。
困難な症例についてもカンファレンスやキャンサーボードを通じて他科との連携を強め、チームで対応にあたっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 91 1.92 15.04 12.09 76.32
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 84 0.85 3.26 1.19 71.64
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 48 1.21 9.98 0 73.44
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 等 46 1.46 7.3 4.35 68.59
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 等 44 1.25 7.91 0 72.57
消化器内科では、内視鏡を使った手術が大半を占めています。
下部消化管ポリペクトミーは外来手術が多数で、入院下においては内視鏡的胆道ステント留置術が上位となっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 等 93 1 5.73 0 23.33
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 58 1.14 5.09 0 56.14
K319 鼓室形成手術 23 1 10.26 0 54.83
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 等 20 1 1.9 0 69.45
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術 全摘及び亜全摘 等 16 1 7.13 0 62.94
耳鼻咽喉科では、口蓋扁桃手術の件数が最も多く、平均年齢が他の手術に比べて低いことがわかります。
また、頭頸部がん専門医制度の指定研修施設であり、週1回腫瘍内科・放射線治療科・口腔外科と合同頭頸部カンファを開催することで、より高度な集学的医療を実現しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 等 58 1.93 18.97 18.97 70.38
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 等 45 6.36 20.11 73.33 80.96
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 等 44 4.41 10.07 6.82 59.84
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 等 42 4.17 16.79 61.9 73.64
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 等 21 2.57 22.95 28.57 73.86
整形外科では、急性期病院のため骨折に対する骨接合術が約1/3を占めるが、脊椎疾患、関節疾患、人工関節置換術など変性疾患に対する手術が半数を占めています。
また、転院率が他の診療科に比べ高く、当院で手術等の急性期治療を終えた後、病状が落ち着けば紹介元もしくはリハビリ専門の回復期の医療機関への転院を円滑に行えるよう地域医療連携室と密に連絡を取って対応しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 98 1.57 3.61 0 70.07
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 76 2.74 2.89 0 64.38
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 39 0.03 15.74 0 65.64
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 等 33 0.27 14.27 12.12 67.91
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 27 1.93 2.63 0 49.15
循環器内科では、24時間心臓救急医療体制を整えており、経皮的冠動脈ステント留置術の件数が最も多くなっています。
また、不整脈に対するカテーテルアブレーションによる最先端の心房細動治療も積極的に行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 44 1.18 5.2 0 41.68
K877 子宮全摘術 36 2.47 8.03 2.78 51.47
K867 子宮頸部(腟部)切除術 28 1.14 2.54 0 41.5
K8654 子宮脱手術 腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式) 24 2.29 7.21 8.33 72.67
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 19 2.37 8.84 5.26 54.84
産婦人科では、婦人科手術に関し、開腹・膣式・腹腔鏡下・子宮鏡下すべての術式に対応可能であり、
患者様にとって最も安全で最適な術式を選択し治療を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 125 0.02 1 0 67.54
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 等 20 4.1 8.95 5 78.75
K597-2 ペースメーカー交換術 19 0.32 2.26 0 76.21
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 等 12 3.25 25.25 33.33 70.75
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 等 11 5.82 60.91 27.27 75.64
心臓血管外科では、下肢静脈瘤血管内焼灼術も行っています。
以前より静脈瘤のレーザー焼灼治療については南大阪でも有数の症例を誇ってきましたが、2015年から高周波焼灼術を導入し
静脈瘤手術症例数は更に増加傾向となっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 等 48 1.46 5.17 2.08 74.17
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 32 1.03 5.56 0 63.19
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 ホルミウムレーザーを用いるもの 19 1.32 5.26 0 71.37
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 18 1.39 6.56 0 78.94
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 15 1.33 9.27 0 67.33
泌尿器科では、膀胱悪性腫瘍手術の件数が最も多くなっており、抗がん剤治療や放射線治療を組み合わせた集学的治療も可能です。
また、低侵襲検査・治療を目指しており 軟性膀胱鏡検査や腹腔鏡手術も積極的に行っています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 58 2.16 3.69 0 56.28
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 37 2.08 5.38 0 61.68
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 26 2.31 7.81 3.85 61.69
K4764 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。)) - - - - -
K4768 乳腺悪性腫瘍手術 乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わないもの) - - - - -
乳腺外科では、乳がんの手術が上位を占めています。
内容に応じて病理専門医・形成外科専門医・放射線治療専門医・緩和医療専門医、およびがん看護・化学療法看護・がん性疼痛の認定看護師と連携して診療を行っています
呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 等 55 2 9.42 0 66.04
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 29 5.45 4.34 3.45 40.28
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - -
K5132 胸腔鏡下肺切除術 その他のもの 等 - - - - -
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 等 - - - - -
呼吸器科では、全手術のうち胸腔鏡下手術が85%以上を占め特に原発性肺癌手術が著増しています。
がん診療連携拠点病院として、個々のケースに最適な治療を行うことを念頭に診療にあたっています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 等 14 0.5 3.93 0 73.79
K0021 デブリードマン 100平方センチメートル未満 等 13 0.92 40.38 7.69 63.23
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 等 11 0.91 4.36 9.09 74.18
K0022 デブリードマン 100平方センチメートル以上3,000平方センチメートル未満 - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 等 - - - - -
形成外科では、平成28年の年間手術件数が877件と前年比で約25%増となっていますが外来で行う手術も数多くあるため、
他科と比較すると入院手術件数は少なくなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 75 0 2.03 0 79.84
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの - - - - -
K269 虹彩整復・瞳孔形成術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科では、白内障手術がほとんどを占めています。
常勤医1名体制となっているため、白内障手術を中心に対応しております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 28 0.36 9.57 17.86 74.18
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
K1781 脳血管内手術 1箇所 - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの - - - - -
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術 下垂体腫瘍 - - - - -
脳神経外科では、脳血栓回収術の増加傾向がみられます。
脳梗塞超急性期における血行再建治療体制を整備し、院内の医師、看護師、放射線技師および近隣開業医師とも連携し
対応しています。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 等 13 2.69 68.31 7.69 62.23
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
腫瘍内科では、栄養管理のために必要な手術が上位となっています。
専門的な緩和ケアを必要とする患者様に対しては、緩和ケア病棟での入院治療を緩和ケア内科指導、協力の元で行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 24 0 4 0 75.96
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径12センチメートル以上 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
皮膚科では、高齢化に伴い皮膚悪性腫瘍患者が年々増加しており皮膚悪性腫瘍の手術が大半をしめています。
主に基底細胞癌や有棘細胞癌の件数が多く、関連診療科と連携し充実したがん治療が行えるよう努めています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 25 0.29
180010 敗血症 同一 24 0.28
異なる 27 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 26 0.31
異なる - -
本表は感染症及び合併症について、入院契機病名と同一か否かでそれぞれ発生率を示したものです。
播種性血管内凝固症候群は入院してから発生していることがわかります。
手術・処置等の合併症はこの疾患の治療目的で入院した症例であることがわかります。
更新履歴
2016/9/30
新規作成
2017/9/29
平成28年度に情報を更新